今日は父親の通院日。仕事を休んで妹が対応してくれた。結果は前回と変わらないから、様子を見ましょうと言うことになり、次回の通院が6月5日午前10時からに決まった。ホッとする。でも、妹ばかりに負担させる訳にはいかない。たまには交代して通院に付き合わなければいけないくらいは言われなくても分かる。うううーん。岩橋先生と行く北海道は遠すぎるよなー。 もし、万が一の事態になった時に駆けつけられるのかって言われたら何とも言いようがない。十五周年と親とどっちが大事かって普通に言われそうな気配。母親も寝たきりじゃぁないか。父親は今年の正月が迎えられるかって言われていたんだし、二男の結婚式にも出られれば、最高だよねって思っていたくらいだから、いつ何時何が起きたって不思議ではない状況なのに、遠出がどうしてできるんか!?って。

峰の三十周年を記念して作品作りをしている。今年中に何とか仕上げたいと思っているので、土日は殆ど撮影に入っているけど、合間を見て実家に顔を出すようにしている。元気な顔を見せてくれるから本当に両親には感謝したい。「上信越の山々」をテーマに撮影をしているから、入ったとしても土日が中心なので、連絡があればすぐにでも下山して駆けつけるので、最悪、翌日には家に辿り着けるだろう。北海道は雄大で興味は沸くけれど如何せん遠すぎる。ああ悩ましいなあ。困った。

全ては巡り合わせ。10周年の時も自分はみなさんと一緒に行動できなかった。だから今回は・・・との思いは強いけれど、仕方がない。説明すれば了解していただけるだろう。う。。。

中之条四万の山の中、藪こぎしながら急登した道の脇にみた雑木林。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 7現在の記事:
  • 138254総閲覧数:
  • 39今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 442先週の閲覧数:
  • 1073月別閲覧数:
  • 105174総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 251先週の訪問者数:
  • 435月別訪問者数:
  • 33一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: