赤城山で開催される撮影会のための下見に仕事を終えた夕方になってから出かけたところ、撮影目的地に花:アカヤシオ(別名:赤城躑躅)がほとんど「ない」状態だ。つまり不作の年に当たってしまったのだろか?黒田名人に聞いたところ、赤城山全体も同じ傾向が続いている由。去年は最高に咲き、一昨年はまあまあだったと黒田氏は話してくれたので、ご意見を尊重して「せっかく東京から高いお金を支払って来ても撮影出来ないのなら申し訳ない」と思ったので、急いで世話人の山口さんに連絡してみた。あのー去年の1/30~1/100程度しか咲いてないんですけど・・・山口さんは「先生の考えもあるだろうからね・・・聞いてみたら?」と仰ったので、先生の自宅に連絡したところ、「ロケハンを兼ねて行って見ようと思っているから大丈夫だよ。吹き割れの滝でも良いし赤城自然園でも良いし・・・」と言うことで催行は揺るがない。よく考えてみたら先生はそういうところがあるある。「(そのへんで)新緑とか面白そうなものを探してみようと思うから・・・・何か面白そうなものない?」と仰っていたので、昼飯は桑風庵の蕎麦かな?、周辺の撮影地を考えておかないといけないな?。うううううう。どうする?

アカヤシオの撮影を楽しみにしていた石原氏には事前の連絡で状況を伝えて今回は見送りにしていただいた。あとは何人かが同行するので、どうなることやら、珍道中になりそうな予感。先生が一緒にいるから、どんなことになっても全然心配していないけれど。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 138404総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 266先週の閲覧数:
  • 1223月別閲覧数:
  • 105304総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 211先週の訪問者数:
  • 565月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: