クロウリハムシを撮っていたら顔に何かがぶつかった。そのまま飛んでいった方向を見るとツヤアオカメムシがユキヤナギの枝につかまっていた。体長14-17㎜で鮮やかな緑色をしている。写真にはカメムシの口にあたる 口吻 口針 が細 […]
ショウリョウバッタにしては早すぎないかな? もしかしたら・・・シブイロカヤキリかもしれないぞ・・・となったけど、手に取って裏返した時の大アゴの下の赤色が決め手で クビキリギスに! クロボシツツハムシ、まるでナミテントウの […]
閲覧注意 虫の画像が続きます。苦手な方は回避してください。 朝早くから枝垂れ梅の枝先にはテントウムシの幼虫が犇めき合っている。いつか見た時はテントウムシだらけだった枝が幼虫に変わった状態で「三密」が出来ている。その中心に […]
変わったところが、出不精とふっくら どちらも太ったと言うことでして(笑) 4/16以降今日までは散歩する程度で在宅していて、外食は見送って三度とも自宅で食事を摂り、10時と3時には手作りデザートをいただいていたのでした。 […]
非常事態宣言が解除になったけれど、あまり変わりばえのしない毎日が続いている。 運動不足の解消のために時々散歩に出ることにしたけれど、河川敷を賑わせていた菜の花とダイコンソウのお花畑は緑色に変わってしまい、ポピー畑もお祭が […]
ネコハエトリの雌が緑色の身体のソラマメヒゲナガアブラムシを咥えて、自分の巣に持ち帰ったところを撮った。巣の中には脱皮した脚の痕や食べた虫の羽根が残っていた。巣に戻ってしばらくすると獲物を放り出して、また狩りに出掛けて行っ […]
図鑑にはグンバイの名前の前に、キク、ヤブカラシ、ヘクソカズラ、アワダチソウを付けているものが並んでいる。生育環境に由来する命名だろうから、木瓜の木にいるのでボケグンバイで良さそうなのに、検索してもヒットしない。形が一番似 […]
気温の上昇に伴って虫たちの活動が活発になった。このところ翅のある虫たちの数が急に増えてきたので、撮影しては同定作業を繰り返しているが、なかなか捗らない。 この朝の新規の来訪者だけ集めてもこのくらいの数になった。「にわか昆 […]
庭で見かけるクモたち。ハエトリばかり夢中で撮っているから、たまには載せてあげないと失礼になるかも。チビアカサラグモ、オニグモ、アシナガグモ、ウロコアシナガグモと思われる。
今月の満月にはフラワームーンと名前が付けられている。花が咲く時期の月と言う意味らしい。Covid-19の影響で外出の自粛が求められている最中なので、散歩に歩くコースの先で撮影した。風が強く吹き付けたので三脚を押さえながら […]
Count per Day
  • 120149総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 59昨日の閲覧数:
  • 395先週の閲覧数:
  • 67月別閲覧数:
  • 91692総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 289先週の訪問者数:
  • 49月別訪問者数:
  • 40一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: