近江牛より

彦根での夕食は 近江や で近江牛すき焼きをいただいた。甘かった。朝はホテルの朝食で軽く。昼食には湖東三山の金剛輪寺の豆の木茶屋で天ぷら蕎麦をいただいた。この天ぷらが野菜が贅沢に入っていて美味しかったけど830円は高め。海老が入っていたから仕方ないのか。

大津での夕食はニクバル モダンミール   アーケード街を歩いた先にあって、我ながら頑張って入店した。入店した途端にどしゃ降りの雨でビックリ。雨はこの時だけ。400円のお通しが旨すぎでした。ソーセージは大きくて太くてジューシー。マッシュポテトも!

センマイの刺身は初めてかも。

精肉店直営のお店だけあって、並んだものはどれもみな美味しかった。値段も良かったので、少しだけ頼んでビールをいただいた程度で早めに切り上げた。

朝はホテルの朝食で軽く済ませて、昼食は 近江八幡でメンチカツと🍙おにぎりセット。  たっぷり牛肉が詰まっていた。千成亭の表示あり。美味しくて甘い。彦根を出発する直前に駅前で 近江チャンポン(並) をいただいた。久しぶりの豚肉に感動した(笑)

街の至るところに近江牛の看板が出ていた。街の中の空気まで牛肉の匂い、すき焼きの匂いになっている気がしたほど。今までにも松阪や神戸・米沢・前沢など、およそ三大和牛らしき名前のつく牛肉は食べたけど、味付けが特に甘かったのが近江牛かもしれない。A5の牛肉をいただくとしたら関東風・・と言うか我が家風が良い。

食べてから言うのもなんだけど、自分は肉よりは魚を食べたい派。道の駅 琵琶湖米プラザの おいしやうれしや で買ったはすごの甘露煮「 はすご やわらか 」が抜群に美味かった(笑)。

復路に

大津と言えば近江神宮、ここは百人一首の大会が開かれるところ。此処に寄らない手はない。是非!と朝一番でお参りに行く。境内には百人一首の額額が掲示されていて 天智天皇 から始まっている。大会会場となる近江勧学館 にも足を運ぶ。

琵琶湖大橋近くの道の駅で水際まで下りてみたら砂浜で、波間には鴨が浮かんでいる。急にカヤックを漕ぎ出したい気分になる。湖畔に沿って車を走らせるとカヌーを置いてあるキャンプ場があった。琵琶湖をいつか漕いでみたいと思っていたら、幸運にも近江八幡で船に乗せてもらうことが出来た。エンジン付きの屋形船で音声ガイド付き。久しぶりに水の上に漂いながら家並みを見上げる贅沢を味わった。30分1000円。

湖畔の道路の至るところに水門があった。昔は今よりも1m水位が高かったらしい。船を巧みに使って商売を成功させた近江商人の話、なるほどなるほど。安土城も水利を生かした要塞だった。安土城の周辺の今は干拓が進んで耕地が広がっている。

彦根市内に戻って いと重本店 で 銘菓 埋れ木 を買い、彦根駅前の 近江チャンポン発祥店 で昼食を済ませて 14:30pmに出発した。途中の松本の梓川SAで給油しただけで 20:00pm過ぎに自宅着。夜間なので高速を利用したから、往路より短時間で帰還出来た。

念願の彦根へ

9:00amに自宅を出発して彦根到着が16:00pm。全行程458km。予定よりも長く走りました。

と言うのも、途中の長野佐久の中部横断自動車道で142号線に降りるところを間違えて佐久穂町まで一気に南下。茅野に抜ける麦草峠がまさかの冬季通行止め(11/15~)で、仕方なく清里経由長坂ICから中央高速に乗ったので八ヶ岳を半回りする結果になったからでした。でも見事な八ヶ岳の赤岳、横岳の雄姿を眺めたり、南アルプス甲斐駒ヶ岳、北岳を、また遠く富士山、中津川あたりからは御嶽山まで見えて、名峰を眺めながらの快適ドライブが出来たので、とても楽しかったのでした。

 夕飯を食べに彦根駅まで歩いて行くと彦根城がライトアップされているのが見えて、面白そうだから見に行くことに。途中の看板に従って入った「 玄宮園 」は700円支払っても見る価値のある庭園で、写真愛好家が三脚をずらりと並べてましたし、お客さんもたくさん来ていました。自分はスマホでの撮影でしたが、1時間半なんてあっという間でした。

夕飯は近江牛をすき焼きでいただきました。美味しかったですが、甘くてびっくりでした。いつもの味の方が口に合うと言うか・・

今日の午前中は 国宝 彦根城 の見物に充てることになると思います。

 

ながおか屋

今シーズンの打ち上げは今年も、東京上野広小路「下町バル ながおか屋」でした。レイクウォーク15周年ありがとう忘年会とした関係で、創設当初からの参加していたリピーターさんたちの顔も大勢集まりました。

今年は写真展のために上高地入りしていたので、猪苗代湖のキャンプ以降のイベントは全て欠席。お客さま感謝dayも参加できず、スタッフの大ミーティングにも参加できないまま年を越す訳には行かないぞ❗ そんな思いで上京したのでした。

楽しい時間はあっという間でした。みなさんありがとうございました。(写真はスタッフ千尋のFBから)

家の庭先で育てていたパプリカの、姿・形の美しいものが最後の最後に収穫できた。あまりにもきれいな赤なので食べるのがためらわれるくらい。トマト🍅の赤とは違った発色。

クリスマスの赤で埋め尽くされたフワフワの中で窒息しそうになる夢を見た。なんとも言えない贅沢な余韻が残る夢。

確認できなかったジョウビタキのオス。トウカエデの木の根もとにいるところを見かけてひと安心。茶色の羽の色がいくらか赤みを帯びているように見える。今日こそは!とカメラを用意して狙いを定めている時は案外撮れないもの。気長に楽しめたら良いのかも。

 

 

診察に

この薬を飲んだら咳も痰も洟も熱も全て解決したのですと、スマホの画面を見ていただきながら主治医に話すと俄に信じがたい顔で、すぐにパソコンで薬の成分を調べ始めた。細かな説明があって症状が改善したのだからと新たな薬を処方はしないことになった。背中の痛みは整形外科の範疇だけど、安心材料を得るために採血。悪い結果が出れば先生から連絡が来ることになった。

トワサンクのアップルパイは美味しい。ビックリした。TV東京の上高地の中で村上佳菜子が「美味しい」と言ったとおり。「ジャムとコンポートの間・・・」「わかる?」

午後に近所の整形外科を受診した。レントゲンを撮り診察した限りでは重症ではなさそうだ。両手を広げて上げながら背中を伸ばすのが良いみたい。老人性円背?!??そう言えば、一時帰宅する度にストレッチポールに乗りたいと思っていたことが急に思い出された。うーむ。暫くの間、電気治療に通った方が良さそうな気がする。

写真展最終日

いつも世話になっている宿泊先の夕食にブリの刺身が出た❗こんなことは18泊するなかでも初めてだったので驚いた。岩魚の塩焼きも出て、頭から全部食べられたので日本酒が進んだ。3時間以上囲炉裏の火で焼いたものらしい。嘉門次小屋の夏の夜にあるじからご馳走していただいた岩魚せんべいの美味しさを思い出した。

写真展会場を後にした昨日の夕刻。稜線が赤く焼けた。長期間の滞在中初めてだったので、梓川河畔から河童橋にかけて何枚も撮影しながら歩けたのはとても良かったと思う。

稜線が赤く焼けたのも美味しい夕食をいただけたのも、みんな、写真展を頑張ったご褒美なのかもしれない。そんな気がした。

amazing と incredible との違いをインフォメーションセンターのお姉さんに確認する。厳密な定義をした上で会話されている方の方が少ないので、その時に思い浮かんだ言葉で会話したのだろう。amazing は良い評価をする場合が殆どなのに、incredible は良い意味にも悪い意味にも使える両面性がある。でもきっと写真を見て感動したので、その様に伝えたのでしょう。とのこと。勉強になるなぁ。

「 上高地 秋から冬へ 」岩橋崇至写真自然塾写真展は本日最終日を迎えました。いままでにたくさんの来場者をお迎えしています。ありがとうございます。ご覧いただいて、気持ちが少し温まるようでしたら幸いです。本日は16時まで開場しています。

買物

上高地写真展の最終章に向けてのお買いものはお預かりした写真用額縁を返送するのに梱包する資材の調達や長期保存の効く昼食用食材を確保。お世話になった自然公園財団と環境省管理官事務所へのお土産等と盛り沢山。CD:キャッシュディスペンサーが上高地にはないので、現金を引き出しておく必要もあって、昨日は日中ずっと車で走り回っていました。夕食にはお刺身を少々いただきました。

それから、畑の白菜が収穫出来たので鍋にしていただきました。嬉しい美味しさでした。✨

今朝6時に出発して午前中には上高地入りの予定ですが、途中で、稲核の蕎麦のわたなべに寄ってからにしようかなぁ~と思っています。少々風邪気味((〃´д`〃))ですけど、美味しいものを食べて頑張らないと。

一時帰宅 Ⅲ

上高地から片道4時間半をノンストップで帰宅しました。日が暮れるのが一段と早まり、峠道は暗くて怖いくらいでしたが、いつもよりも1時間早い到着でした。今回は往路も同タイムでしたので随分頑張れるもんだなぁと自画自賛。途中で眠くなることもなく、安全第一で帰還できたのはなによりでした。

帰宅している間にすることは、現場から離れて私なりの方法でリラックスすること、これ以外にありません。最後の一週間のための充電とも言えるかもしれません。お刺身やお寿司は欠かせないアイテムです(笑)

昨日も記しましたが入場者数が3000人を超過しました。自分が暗に想定していた数字を終了一週間前に超せたことでホッとしています。その中には写真自然塾の活動に関心を持たれた方も多く、詳細情報を希望される方がメルアドを記入されることも多くなりました。また展示作品を出版するようなことがあったら連絡くださいと名刺を置いていかれた方も。とてもありがたいことと思っています。

来年の活動計画を考える時期になりました。ホームページの中に撮影行の予定を載せる欄を新たに用意する必要が出てきました。今回の写真展の写真を掲載するのと同時に進めたいので、HP担当者と打ち合わせたいと考えています。忙しくなりそうな気配です。

晩秋の気配

写真展のために長期間上高地に滞在していますが、時々帰宅する時の楽しみはなんと言ってもお刺身とかお寿司を食べることかもしれません。宿泊先では家庭料理風の献立が充実していて、毎食、肉や魚の他に野菜もたっぷりと食べられるので満足しているのですが、昨日のお昼は回らない寿司店に入ってコウイカやイワシ、タコの他に蒸した牡蠣、サーモン、タイ等々をいただきました。

畑の野菜の育ち具合を確認することも楽しみの一つです。下仁田ネギや白菜・大根がすくすくと成長しています。里芋はそろそろ収穫かもしれません。

我が家でもテラスに柿が干してあり、庭の生け垣の山茶花 (朝倉) が一輪咲き始めていました。南天の実もすっかり赤くなって、秋の深まりは庭先でも充分に感じられるようになりました。

今日から上高地入りして4日まで滞在するつもりですが、次が7日から最終日13日までなので、気象条件が整うようだったらそのまま居残るかもしれません。