アリグモをじっくり見ていると独特の動きがあることに気が付いた。徘徊や探索は想定内だけど、時々見せる動作には何かの意味があるのだろうか。一方を「祈り」もう一方を「五体投地」としてみた。「祈り」は同じ場所と決まっていて、中空 […]
閲覧注意 虫の画像が続きます。苦手な方は回避してください。 朝早くから枝垂れ梅の枝先にはテントウムシの幼虫が犇めき合っている。いつか見た時はテントウムシだらけだった枝が幼虫に変わった状態で「三密」が出来ている。その中心に […]
気温の上昇に伴って虫たちの活動が活発になった。このところ翅のある虫たちの数が急に増えてきたので、撮影しては同定作業を繰り返しているが、なかなか捗らない。 この朝の新規の来訪者だけ集めてもこのくらいの数になった。「にわか昆 […]
テントウムシの仲間のダンダラテントウ。ナミテントウとよく似ているけどひと回り小さくて、赤い斑紋が左右に2ヵ所にあるだけで背中は真黒、なので小さくて黒い豆粒が忙しなく動き回るような印象がある。個体数はナミテントウに比べると […]
アブラムシが湧いて来たのと時を同じくしてテントウムシの数が急増している。圧倒的な数を占めるのがナミテントウと呼ばれる種類で、枝一本一本に一個体いると言っても良いくらい。身体の模様も色々あるし、斑点の数に違いがあってファッ […]
クロヒラタヨコバイ(黒扁横這)の褐色タイプ。体長5mmほど。バラの葉の上にジッとしている。 個体の左側に場所を移して撮影していると、途中で体操が始まった。前脚を顔の前に出してバランスを取り、太い後脚が宙に大きく伸びあがる […]
毎年のことながらつい追いかけてしまう。テントウムシがアブラムシを捕食することは知っているけど、交尾中もですか・・・と思ってしまう。この時は枝垂れ梅の枝先に10組くらいがアクロバティックな体制で交尾中で、アブラムシの勢いに […]
獲物をゲットした直後の撮影が出来ました。ネコハエトリのオスが空を見上げていたので、カメラをセットして準備に入るとすぐに、忙しなく動き始めたと思った瞬間にはもう、大きめの翅のある虫を捕まえていた。何と言う早業だ! 捻じ伏せ […]
この時期はいつも車の屋根にべたべたした汁を垂らすので、あまり良く思っていなかったから、じっくりと見ることなく過ごしていた イロハモミジ を改めて見直して驚いた。緑色の葉の上に小さな赤い花がたっぷり付いているので、興味をひ […]
ネコハエトリのオスを撮るのに夢中になったのは、立ち位置を左右に一歩踏み出す度に別の個体が動いているという好条件だったから。大小様々の個体がいて目を疑う光景だった。我が家の生垣にもこんなにもたくさんのネコハエトリがいるのか […]
Count per Day
  • 120148総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 59昨日の閲覧数:
  • 394先週の閲覧数:
  • 66月別閲覧数:
  • 91691総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 288先週の訪問者数:
  • 48月別訪問者数:
  • 40一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: