ヒメエグリバの成虫を見つけました。いつも幼虫を撮影していた山茶花の樹を見上げたら葉の上で休んでいました。午前中に見つけてから夕方まで、ずっとこの形を維持していましたので、大量の画像を残すことが出来ました。こうした幸運がず […]
ヒメエグリバの成虫が目の前に舞い降りたと思った。まるで枯葉が落ちるようにフワフワ~と舞い降りたところがヤツデの葉の縁で、それまでの動きと違和感のある止まり方をしたので、その瞬間にヒメエグリバの成虫だ!と確信して、それまで […]
10mm程の大きさのヒメエグリバの幼虫がヤブカラシの葉の裏側に佇んでいたので不思議だなぁと思いながら撮影していると、急に、蟻が一匹近づいてきた。と思っている間もなく、ヒメエグリバの身体の上から背中に噛みついた。同時に蟻の […]
1枚目はブドウトリバガという蛾と思われます。羽根を広げると12㎜ほどの大きさで、生垣の中から伸びているヤブカラシの葉の裏側に張り付いていました。翅を広げて止まっていますし、肢には無数の棘があるのが特徴的で、しかも魅力的な […]
スズメガばかり撮ってて私らを忘れていませんか?!というようなプレッシャーを背後から感じましたので、生垣のあちこちにいる虫たちを追いかけてみました。いつもは三脚を高く伸ばしているのですが、今回は一番低く下げた時に見えた虫た […]
四万湖のお手伝いが終わりました。 雨が心配された4日間でしたが、レインウエアを着たのは一時だけで、後半の2日間は晴れ間ものぞいて、総じて穏やかな4日間でした。でも、駐車場は心配していた以上に大混雑でした。 最初の2日間は […]
2枚目の写真を撮影した日は終日ずっと、その翌日も、この葉の上の同じ場所でじっとしていました。その間は一切食べることを止めていました。大きさはまだ十分と言えませんので、蛹化するのは早すぎると思います。場所を変えて、もりもり […]
これも終齢幼虫のサイズになっています。いつもと違って茶色のホシホウジャクですが、危険が迫ってくるとすぐにストレッチして、暫く「枯葉」になった状態を維持しているところは緑色のホシホウジャクと全く同じです。緑色の方が葉の色を […]
モフモフの毛におおわれているオビガの終齢幼虫です。金色に輝いているのでゴージャスな感じがします。ヤブカラシは葉をムシャムシャ食べていました。1枚目の写真は夜中に降った雨が朝方に止んだ時に撮ったので、オビガの毛には水滴がた […]
ヒメエグリバの幼虫を目にする機会が増えています。見つけると夢中で撮影するのですが、いつも身体全体がきれいに見えている訳ではありません。身体の一部分だけ見えるのが殆どですし、その状態を見つけるまでにはずいぶん時間がかかりま […]
Count per Day
  • 126109総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 301先週の閲覧数:
  • 1367月別閲覧数:
  • 96225総訪問者数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 241先週の訪問者数:
  • 1023月別訪問者数:
  • 31一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: