漕ぎ出してみて気が付いたのはCovid-19の自粛生活ですっかり身体が鈍っていること。GW中のアシスタントガイドのお仕事がなかったから、両腕にかかる負荷がいつもよりも大きく感じる。本流方面と奈良沢方面への分岐点。出発する時に言葉を交わしたカナディアンの二人は奈良沢に向かっていった。巻機山方面の視界は良好。風は穏やか。ミラーレイクを期待して暫く浮かんでいたけれど、先を急ぐことにする。

8:34期待したほどは天気が良くないのかもしれないぞ~。なんで青空にならないのかな・・・と少々不安になっている頃。大白沢の入口付近から赤倉岳方面を眺めるお気に入りのポイントで。

大白沢の入口から赤倉岳を見上げる

万年滝が近づいてくるころには陽射しが降り注ぐようになってきた。滝の水が枯れることのないから万年滝と名付けられているのだろう。いつ来ても涼やかな水音が心地よい。

万年滝を真下から見上げて

10:30最奥部に到着。昨秋(11/1)訪れた時に大量の流木貯まりに悩まされた場所はすんなりクリア出来て。その先の利根川の流れ出すあたりが二股に分かれていて、中洲が出来上がっていた。来る度に地形が大きく変わるのはとても興味深い。そこに働く大きな力は想像を遥かに超えている。左岸を歩けるようなので少し歩いてみることに。今まで思っていた以上に広い川幅が上流部に続いていることを知る。

源流上陸地点で一休み

11:30出艇までの至福の時間。ここでキャンプ出来たら楽しいだろうなぁ。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 8現在の記事:
  • 122148総閲覧数:
  • 13今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数:
  • 355先週の閲覧数:
  • 310月別閲覧数:
  • 93268総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 283先週の訪問者数:
  • 244月別訪問者数:
  • 39一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: