庭に出て虫たちの姿を追い続ける毎日を送っていると、今までしないで済ませていたことをしてみたら、意外な結果になることに気付いて実に楽しい。自粛生活で時間がたっぷり取れるので、たっぷり撮れるのはなんとも皮肉そのもの。HDDの増設をまじめに検討しないと。

随分ふっくらした腹部のハエトリグモ

ネコハエトリは継続して撮り続けている対象で、愛らしい眼差しが上手く撮れるだけで幸せな気分になる。体長5㎜程度の小動物なので、色々と神経を使って撮ろうとする。レンズを向ける時に驚かせないように慎重に近づけるとか、クモのいる葉には直接触れないようにとか。

ところが昨日のこと、もう少し向きを変えて欲しいと思う場面で、自分の指を使ってハエトリグモが乗っている葉を動かしてみると、なんとそのままの状態でずっといてくれて、撮影がその後も続けられるという幸運があって感動してしまった。これは、交流の出来るクモなのか、ぼんやりしていて動じないのか、私の方が混乱してしまっているけど、一歩前進した形と見なして、今後少しずつチャレンジしていきたい。まずは手始めに、見かけた時は「おはよう。今日もよろしく」と声をかけることにした。次は名前を付けて呼んであげるのが良いかもしれない。

この両手で抱えている黄色いものがなんだか思い出せないで困っている。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 3現在の記事:
  • 120143総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 59昨日の閲覧数:
  • 389先週の閲覧数:
  • 61月別閲覧数:
  • 91686総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 283先週の訪問者数:
  • 43月別訪問者数:
  • 40一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: