ソラマメヒゲナガアブラムシ

緑色の腹部、紅い目玉、長い髭が特徴なので、これは比較的早めに同定できた。腹部から出ている突起、これもアブラムシに良くみられる形。僅か数ミリの生き物だけど、姿・形が面白いので、じっくり撮りたくなる。

撮っている時はまだ動きがある。必死に脱出解放を求めている。でも、激しく動き回れば回るほど蜘蛛の糸のべたべたを身体に付着させてしまっている。風も吹き付けているから蜘蛛の巣が大きく揺れているので、身体を立て直したかと見えても反転してしまう。

自分にはどうしてやることもできないけれど、生きていた証は残しておくことに。

名前が分からなかった黒いアブラムシを調べてみたら、どうやらジャガイモヒゲナガアブラムシではないかと言うところまで来たけど、それにしても名前が面白すぎ。