淡々と

上高地写真展の第2回目となる選考会をいつもの場所で行った。

上高地と周辺の山々の春から夏へを表現する48枚が出揃った。また組写真の部で花・鳥・動物の3点をそれぞれ24~25枚で構成するので、展示数は合計51点、写真枚数は121枚となった。昨秋の写真展の55点、70枚に比べると、組写真の枚数が圧倒的に増加しているが、季節柄、花や虫などの撮影対象が増えたことにある。

カメラ関連の雑誌の出版社や旅行社、新聞社に対して情報提供を行った経過を報告した。追加する必要のある機関を検討した。ポスター画像の出来上がりを確認した。週明けには印刷に廻せるように手配する予定。出来上がったDMを配布する段取りを確認した。山小屋関係への配布は郵送でお届けすることに決めたが、上高地周辺と明神あたりのホテルや宿については事前配布しておいて、入山後の搬入作業の合間を見計らってご挨拶に伺うこととなった。

写真展に応募した会員宛に、どの作品が選出されたのかを告知して、キャプション(画題、撮影地撮影時期、カメラDATE、コメント)を今月末までに提出するように指示をすることに。台紙は昨秋同様の仕様(ハガキ横100×148)とした。日本語表記と英米語表記の2枚並べて写真額縁の下方に掲示することとした。

秋冬展に続いての開催なので準備は淡々と進んでいる。写真展オープンまであとひと月余り。