今年も

「庭先の小宇宙」を始めました。この日は風が強く吹いて、そうでなくても蜘蛛の糸ですから微妙に揺れ続けていますので、僅か数mmの大きさの被写体を捉えるのは根気が要りますが、じっくりと時間をかけて真剣に向き合いました。上の写真にはもう動きはありませんが、下の写真にはまだ動きがありました。

命のいとなみ を今年も撮り続ていこうと思います。