三陸鉄道

大人の休日倶楽部の話。今度は3月上旬に26,000円で5日間の乗り放題プランの案内があったので色々考えてみた。東北・北海道でスキー(安比、雫石、富良野、ニセコ)はどうだろう。温泉はどうだろう、地温泉の旅、後生掛温泉とか蒸け湯とか、或いは八甲田山のリベンジや如何に。だけど、何か今ひとつの感があって考えが先に進まない。理由は飛行機を利用して行く方に分があるからだろう。スキーと流氷は飛行機で行く方に軍配が上がる。

気になっているのは、ずっと三陸海岸を電車で走ってみたいという夢。前回の15,000円企画の時にも検討したのだけど、その時はまだ全線が開通していなかったので、仕方なく ( と言うのが正解かも ) 4度目の青森の旅に変わったのだけど、3月23日に開通するお知らせが発表されていたのでワクワクドキドキ。今回は設定期間外なので勿論次回の楽しみにするのだけれど、その時はきっと混むだろうなぁ~。自分は乗り鉄でも撮り鉄でもなく、ただ単に、行ったところを赤で塗りつぶしていくだけのことなんだけど。

3月上旬の大人の休日倶楽部の旅は資金温存ということで見送り濃厚です。

東北・北海道新幹線の先頭車両の写真が掲載されていた。 益々長く伸びた鼻先。
因みに、北海道新幹線の札幌迄の乗入れは2030年になるらしい。

今から11年後なんて!自力で動いていられるのかしら?と気になる発言が頭を掠める。   微妙~だよね(笑)