それにしても

各地の最高気温を見て驚いた。記録的な寒波到来。

すぐ上の、三枚目の図表は自分が使っている登山天気による情報。2/8朝の段階で既に大雪山で-33℃。これには度肝を抜かされる。八甲田山も森吉山も穂高岳以上の厳しい寒さにある。湿度の高い状態なので「八甲田山死の彷徨」はこういう気象条件の下で起きたのかもしれないと思ったりする。樹氷がモクモクと成長していることを想像する。

2/9朝の気象情報を見ると、大雪山に-33℃がなくなったけど、依然として厳しい温度表示。朝3:00の観測で北海道歌登で-30.3℃を記録したとニュースが出ていた。

これから当地は雪が降るらしい。 2/9夜21:00の予想天気図。最大級の寒気に低気圧がセットされれば必然と言う、この様子を関心をもって見続けたいと思う。