これから年齢を順調に重ねていくとしたら、無理な保管方法は改めた方が良いだろうと考えて、正月飾りや五月人形、クリスマスツリーなどの保管場所を大幅に変更することにした。それに伴って今まで置いていたもの:書類・書籍などを移動するか廃棄することに。随分と溜め込んでいたことを実感する毎日で笑う。今までは不要となったものを廃棄!と決めても、とりあえず置いていたと言うことだ。置ける場所があったということだし、清掃工場に運び込む時間よりも優先することが他にあったのだろう。最近は時間にだけはゆとりが出来たし、やってみたら意外と簡単で、すっきりして気持ちが良い。

大事だと思って保管していたものの殆どが要らないもの!という現実。自分がいなくなれば、所持していたものはみな処分されてしまうのだろうから、今のうちに自分で選択できるのは幸せなのかもしれない。

庭の木が伸びたままで気になっていた。年末に頻回に東京に出かけたのが原因だと思う。早朝にマイナス3℃になったけど風のない午前中に木に登り、昼までにトウカエデの徒長枝を全て切り落とした。毎年20cmずつ太い幹を切るのは、年を取った高いところに昇れなくなるから、今のうちに切り詰めようと決めたからだけど、今日は一番高いところだけにした。途中で風花が舞うサプライズもあった。いつものように御神酒と果物を添えてお参りしてから切り始めたので、今年も無事に終了できた。年末の大掃除の大切なところは、すっきりとさせることにある。実にすっきり。でも疲れた。

今日は餅をつく。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 5現在の記事:
  • 132985総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 286先週の閲覧数:
  • 209月別閲覧数:
  • 101514総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 202先週の訪問者数:
  • 149月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: