近江牛より

彦根での夕食は 近江や で近江牛すき焼きをいただいた。甘かった。朝はホテルの朝食で軽く。昼食には湖東三山の金剛輪寺の豆の木茶屋で天ぷら蕎麦をいただいた。この天ぷらが野菜が贅沢に入っていて美味しかったけど830円は高め。海老が入っていたから仕方ないのか。

大津での夕食はニクバル モダンミール   アーケード街を歩いた先にあって、我ながら頑張って入店した。入店した途端にどしゃ降りの雨でビックリ。雨はこの時だけ。400円のお通しが旨すぎでした。ソーセージは大きくて太くてジューシー。マッシュポテトも!

センマイの刺身は初めてかも。

精肉店直営のお店だけあって、並んだものはどれもみな美味しかった。値段も良かったので、少しだけ頼んでビールをいただいた程度で早めに切り上げた。

朝はホテルの朝食で軽く済ませて、昼食は 近江八幡でメンチカツと🍙おにぎりセット。  たっぷり牛肉が詰まっていた。千成亭の表示あり。美味しくて甘い。彦根を出発する直前に駅前で 近江チャンポン(並) をいただいた。久しぶりの豚肉に感動した(笑)

街の至るところに近江牛の看板が出ていた。街の中の空気まで牛肉の匂い、すき焼きの匂いになっている気がしたほど。今までにも松阪や神戸・米沢・前沢など、およそ三大和牛らしき名前のつく牛肉は食べたけど、味付けが特に甘かったのが近江牛かもしれない。A5の牛肉をいただくとしたら関東風・・と言うか我が家風が良い。

食べてから言うのもなんだけど、自分は肉よりは魚を食べたい派。道の駅 琵琶湖米プラザの おいしやうれしや で買ったはすごの甘露煮「 はすご やわらか 」が抜群に美味かった(笑)。