復路に

大津と言えば近江神宮、ここは百人一首の大会が開かれるところ。此処に寄らない手はない。是非!と朝一番でお参りに行く。境内には百人一首の額額が掲示されていて 天智天皇 から始まっている。大会会場となる近江勧学館 にも足を運ぶ。

琵琶湖大橋近くの道の駅で水際まで下りてみたら砂浜で、波間には鴨が浮かんでいる。急にカヤックを漕ぎ出したい気分になる。湖畔に沿って車を走らせるとカヌーを置いてあるキャンプ場があった。琵琶湖をいつか漕いでみたいと思っていたら、幸運にも近江八幡で船に乗せてもらうことが出来た。エンジン付きの屋形船で音声ガイド付き。久しぶりに水の上に漂いながら家並みを見上げる贅沢を味わった。30分1000円。

湖畔の道路の至るところに水門があった。昔は今よりも1m水位が高かったらしい。船を巧みに使って商売を成功させた近江商人の話、なるほどなるほど。安土城も水利を生かした要塞だった。安土城の周辺の今は干拓が進んで耕地が広がっている。

彦根市内に戻って いと重本店 で 銘菓 埋れ木 を買い、彦根駅前の 近江チャンポン発祥店 で昼食を済ませて 14:30pmに出発した。途中の松本の梓川SAで給油しただけで 20:00pm過ぎに自宅着。夜間なので高速を利用したから、往路より短時間で帰還出来た。