信長の世界観

多賀大社も湖東三山の紅葉も三重塔も本堂も、どれも見応えのある素晴らしいものだったけれど、信長の館で安土城の天守閣🏯を復元した建造物を見たら度肝を抜かされた。圧倒的な世界観の違い❗上映された VR 絢爛 安土城 を見たら余計にその気持ちを強くした。

この上の写真は見たことのある安土城の全体像。最上階の天守の下に奇妙な形をした赤いところは何だろう?気になる・・程度だった。

信長の館に入ると目の前に現れたのが下の写真。天主に金箔が張り巡らされている。絢爛豪華。赤い火頭窓の内部にある八角形の部屋の内部が下の写真。眩い赤の世界。極楽浄土を描いている。

この赤の間の階下には  敦盛 「人間五十年 下天のうちを・・」を舞うための吊り舞台が用意されている。更にその下には4階分が吹き抜けになっていて、宝塔の置かれた1階から見上げる空間は西洋の教会を思わせたようだ。これはもう戦うための天守閣🏯ではなく迎賓館。

戦国時代で群雄割拠する中では、本能寺がなくても信長が長く生き続けていられたかどうかは分からないけど、存命して天下統一が長く続いたなら、今とは随分違う時代になったのかもしれないなぁ~と感じ入るものがありました。

安土城のある場所は昔は琵琶湖の入り江のようになっていて、水運の要衝でもあったことを知る。これは新鮮な感動でした。確か彦根城の北側にも入り江のような場所があったらしく、今はスタジアムが出来ているところで、古地図を見るのも楽しそうだと思ったり。

彦根城へ

国宝 彦根城 を撮らせていただきました。念願が叶いました。

破風(はふ)には切妻破風、入母屋破風、唐破風それに千鳥破風があることが分かりました。それに火頭(かとう)窓がいくつもあることから、お城が猫の顔に見えると言うのも分かりました。昨夜のライトアップされた天守閣🏯はまるで猫の顔でした。

ひこにゃんに会った❗

ひこにゃん は招き猫がルーツらしいことも分かった。応答が割りとのんびりしている ひこにゃん に比べると、ぐんまちゃんの方がきびきび動くので良いなぁ~❗そんな違いを感じながらショータイムを楽しみました。

午後から、多賀大社と湖東三山を周り、安土城趾と信長の館を見て、大津に投宿。湖東三山も安土城趾も長い上り下りを強いられてバテバテでした。紅葉の盛りは過ぎましたが、見られそうな葉を探しながら撮影も楽しめました。このあたりのことと信長のことは、明日にします。

念願の彦根へ

9:00amに自宅を出発して彦根到着が16:00pm。全行程458km。予定よりも長く走りました。

と言うのも、途中の長野佐久の中部横断自動車道で142号線に降りるところを間違えて佐久穂町まで一気に南下。茅野に抜ける麦草峠がまさかの冬季通行止め(11/15~)で、仕方なく清里経由長坂ICから中央高速に乗ったので八ヶ岳を半回りする結果になったからでした。でも見事な八ヶ岳の赤岳、横岳の雄姿を眺めたり、南アルプス甲斐駒ヶ岳、北岳を、また遠く富士山、中津川あたりからは御嶽山まで見えて、名峰を眺めながらの快適ドライブが出来たので、とても楽しかったのでした。

 夕飯を食べに彦根駅まで歩いて行くと彦根城がライトアップされているのが見えて、面白そうだから見に行くことに。途中の看板に従って入った「 玄宮園 」は700円支払っても見る価値のある庭園で、写真愛好家が三脚をずらりと並べてましたし、お客さんもたくさん来ていました。自分はスマホでの撮影でしたが、1時間半なんてあっという間でした。

夕飯は近江牛をすき焼きでいただきました。美味しかったですが、甘くてびっくりでした。いつもの味の方が口に合うと言うか・・

今日の午前中は 国宝 彦根城 の見物に充てることになると思います。

 

小島さんの写真集

山岳写真同人「峰」で活躍している小島台吉氏の出版記念祝賀会に参加してきた。凄い写真集をいただいたと思った。

毎年12月に開催される写真展で小島さんの作品を見ることが楽しみだった。こういう方々と一緒に撮りたいと思って「峰」に入会した気がする。冬の谷川岳に何度もご一緒させていただいた中で、小島さんの作風を学ばしていただいた。昨日の祝辞にも小島さんの作風についての話が多かった。そうそう、撮影していて、思いもしない場所から小島さんの頭がひょっこり出ていることもあった。写真集にはセンスの良さがふんだんに盛り込まれている。

写真集の発色を云々する方はいつもいるもので、赤いだの、きついだのと言うものが多く、デジタルだから仕方がないと結論する声が聞こえていた。編集者がどういう考え方をしたのかに関わっているのだと思いますけど。そう思った。

 

 

ながおか屋

今シーズンの打ち上げは今年も、東京上野広小路「下町バル ながおか屋」でした。レイクウォーク15周年ありがとう忘年会とした関係で、創設当初からの参加していたリピーターさんたちの顔も大勢集まりました。

今年は写真展のために上高地入りしていたので、猪苗代湖のキャンプ以降のイベントは全て欠席。お客さま感謝dayも参加できず、スタッフの大ミーティングにも参加できないまま年を越す訳には行かないぞ❗ そんな思いで上京したのでした。

楽しい時間はあっという間でした。みなさんありがとうございました。(写真はスタッフ千尋のFBから)

屋根の上のメス

15時過ぎに泣き声が聞こえたので外を見ると電線に止まっていた。カメラを用意しているうちに前のアパートの自転車置き場の屋根に移動してしまった。思い切り望遠にしたらなんとか収まってくれたジョウビタキのメス。今年初ショット。ジョウビタキはスズメと食べるものが違うことが分かった。昆虫、蜘蛛を食べているらしい。時にはムラサキシキブの実も食べるとか。トウカエデの木の根もとで動き回る理由が分かってきた。

白い実

庭の一角にヤツデの花が咲いている。鳥たちが何処からか種を運んできたもので、自分で植えた記憶がない。葉の形が面白いから撮ることはあったけど、実を撮るのは初めて。自分は此のくらいの絞りで撮ったものがお気に入りかもしれない。

F8まで絞るとずいぶん雰囲気が違ってくる。F4くらいがやっぱり落ち着くかな。

厳冬期にまた

上高地から下山する前日の夕焼け(12日)と当日(13日)の明神の上に出た面白い雲。上高地の撮影は稜線と違ってすぐに飽きるという人が多い。確かに回りを見上げるばかりだから変化が限定的なのは分かるけど、見上げれば撮れるのだからそれも面白いかも。

21日までに完全復活が出来なかったので燕岳に入れず、在宅で写真展のまとめを続けているけれど、年明け後に河童橋から先に撮影に入る計画があるから体力回復に勤しまないと。整形外科で電気治療を続けながら牽引も再開した。

 

家の庭先で育てていたパプリカの、姿・形の美しいものが最後の最後に収穫できた。あまりにもきれいな赤なので食べるのがためらわれるくらい。トマト🍅の赤とは違った発色。

クリスマスの赤で埋め尽くされたフワフワの中で窒息しそうになる夢を見た。なんとも言えない贅沢な余韻が残る夢。

確認できなかったジョウビタキのオス。トウカエデの木の根もとにいるところを見かけてひと安心。茶色の羽の色がいくらか赤みを帯びているように見える。今日こそは!とカメラを用意して狙いを定めている時は案外撮れないもの。気長に楽しめたら良いのかも。

 

 

冬に渡る

家の庭に今年もジョウビタキがやって来た。メス2羽確認できたけど、オスの姿は見られなかった。冬の渡り鳥で、ヒッヒッと小さく鳴く。他の鳥に比べるともの静かな印象を持つ佇まい。今日はカメラが間に合わなかったので写真は去年のもの。

咳と背中の痛みもだいぶ楽になったので、旅支度の手伝いに出掛けたら、お礼に上等のお酒をいただいた。身軽に移動したいとのことだったのでコンパクトに収めたけど、けっこうな時間がかかった。

身一つで移動する鳥たちって凄いなぁと感心する。