西穂高撮影行の日程が2017/2/7-10と決まり案内状が送られてきた。前回(2016/2/15-19)は前日に雨が降った為に樹氷が溶け落ちてしまって少々物足りなく思っていたので、先生もきっと撮り直しを考えて企画したのだろう。雪は少なかったけれど、雷鳥たちの姿を毎日見られて楽しかったし年賀状用の画像が選べるほど撮れたのだけど、営巣地が分かったので、もう一度撮り直してみたいと思ったり。欲が深いなぁと思う。その時に大活躍したレンズ EF70-300mm F4-5.6IS の調子が思わしくなくて困っている。zoomを利かせようとすると途中で引っかかって動かなくなる。夏頃から気になり始めて、最近はレンズ内部でカラカラと音がするようになって、小さな部品:たぶんネジが外れて動き回っているのだろう。全く問題なく動くこともあるけれど、必ず途中で動かなくなってしまうので、肝心な時に:雷鳥が飛び立つ時に撮れないようでは使いものにならない。これから修理に出すと撮影行までに間に合うのだろうか。修理代はどれくらいかかるのだろう。それとも中古レンズを手に入れた方が良いのかも。レンズが軽くて使い易いので愛用していたのだけど、どうしようか悩ましいところ。EOS 5D Mark IV EF24-105L IS II USM レンズキットの値段が475000円を切ったので、そろそろ買い時だと思っているけど、内田さんの良い付けを守ってcp+2017までは様子を見ることに決めている。でも先生がゴーサインを出したら買い。そこにレンズをもう1本追加購入となると厳しいものがある。5DmⅣの機能を十分に発揮させるのなら EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが申し分ないのだろうけど、価格も申し分ないので。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 10現在の記事:
  • 128599総閲覧数:
  • 44今日の閲覧数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 311先週の閲覧数:
  • 1186月別閲覧数:
  • 98133総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 236先週の訪問者数:
  • 936月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: