奥利根湖を漕いできました。貯水率は85%まで回復していました。真っ先に大白沢に向かい、前回訪れた時に撮った岩塊を探しましたが緑色の水中深いところに潜っていて、見つけることが出来ませんでした。大白沢付近にもお気に入りの撮影ポイントがあるので楽しみでしたが、水位が上昇したために付近は様変わりしていて、撮影にはなりませんでした。同じ映像が二度と撮れないところが自然写真は面白いし奥深いと思います。%e5%a5%a5%e5%88%a9%e6%a0%b9%e6%b9%96281021

10月1日から船舶進入路ゲートの開放時間が8:30am~17:00pmに変更になったので、今日の出艇は8:35amでした。管理人の親父さんから「気をつけて~」と声が掛かる。今日は熊が出没している話を聞かせてもらった。みなかみの街中で吹いていた風は街路樹を大きく揺らすほどだったのに、湖面は少し波立っている程度。だけど帰りは風が出るだろうなぁと覚悟を決めての出艇でした。GPSの赤い線が示すとおり源流方面の最奥部まで進みました。水位が上がった分距離も伸びて、漕いだ総距離は20.3km。お気に入りの源流河原でコンビニで買ったもので腹を満たす至福のひと時。これはたまりません。水位が下がっていた期間が長かったので最奥部まで到達できたのは今年初めて。やっぱり此処ですよと清々しい気持ちになる。浅瀬で5~60cmの丸々と太った鯉の姿をたくさん見る。小穂口沢を少し入ったところとゴルジュの上流側の広場でも撮影に勤しんだ。毎年、気に入って撮影していた木の枝が途中から折れて垂れ下がっていて、酷く目立つようになってしまっていて、残念に思った。ゴルジュあたりで良いところを探しながら風に背中を押されて進んでいく気持ちの良さ。万年滝の周囲の紅葉も見た目にはもう少しだと思っていたのに、撮ってきた画像で見るとけっこう紅葉しているので、不思議な気がする。午後から雲が急速に広がりだしたので、これでは写真にならないと決めて、帰路を急いだけれど、撮った写真をみるとその割りに悪くないので、もう少し粘り強く撮影すれば良かったと少々落胆する。14:30pm着岸。車にカヤックを積んでダムサイトをスタートしたのが15:00pm。これよりも遅くなると、秋の日の釣瓶落とし・・・心細くなるに違いない。帰り道、レイクウォークの事務所でスタッフの元気な顔を見たりおしゃべりしたり。img_3477-1 img_3524-1img_3773-1

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 22現在の記事:
  • 127282総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 305先週の閲覧数:
  • 1119月別閲覧数:
  • 97103総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 229先週の訪問者数:
  • 830月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: