岩橋先生から着信があったのでこちらからかけ直すとすぐに先生が電話口に。「来週からの上高地の撮影会に参加できますか?」よろしくお願いしますと答える。先生から直接連絡いただいたのだからお断りする理由はない。秋の上高地に3日間滞在することが決まった。秋は初めてなので少し嬉しい。気象情報では天気は安定していそうだ。先生の「北アルプス」の作品展を見て気になった作品のひとつに、桂の葉っぱが地面に敷き詰められた写真があった。モノクロにも関わらず桂の葉の黄色と香りまでが伝わってくるような強烈な印象の作品で、上高地に行ったらこういう写真を撮ってみたいと思っていたので、実現するかもしれないので喜ばしいと思う。少し早めに家を出て、稲核のわたなべで蕎麦を食べてから上高地入りしようっと。

歯並びが悪いためにケアが行き届かないところがあって、今後益々歯周病が進行するだろうからと勧められていた歯を抜いた。幼児期に歯を抜いて以来久しぶりなので、なんだか妙に緊張しながら診察台に乗った。麻酔はいつも以上の本数が使われたような気がする。時々麻酔液が口の中を流れたのを感じた。冷たくて大きな器具が歯の上に置かれた後に、「いま歯を掴んでいます。」と医師から説明があり、「左右に徐々に大きく揺さぶりながら・・・」と言った響きが消えないくらいの間に「抜けました!」と声がして、時計を見ると9:00amだった。麻酔をし始めて30分か~早いなぁ。うがいをすると吐き出した水は真っ赤だった。今日は激しい運動はしないように、風呂駄目、アルコールも駄目。抗生物質と痛み止めを処方されて明朝8:30amに消毒に来るように指示があった。抜いた歯をいただけますか?と尋ねてみると「良いですよ。お持ちください。」と回答があって、きれいに拭いてもらった歯をビニール袋に入れて持ち帰ってきた。「比較的健康な歯ですが、歯周病が進んでいて・・・」 口の中でいつも舌が触っていたところが何もなくなって空振りをしているような妙な感じ。口の中が終日スッキリしなかったのは、微量の出血が続いているためだろう。歯の写真は割愛することに。

今年は腹子がグラム600円で値が下がらない。今後も鮭そのものの入荷は少ない傾向が続くだろうと我が家の夕食時の会話。新米でいくら丼を食べるのが恒例だったのに、叶わないかもしれない。鮭も高値が続いていて「半身で1500円」だというからトホホな感じ。今日の昼ご飯でいくら丼をご馳走してもらったのが最後になるのかと思ったら、何だか悲しい気持ちになった。更に、もしかしたら11月の那珂川で鮭の遡上を見ようと計画したのに、見られないのかもなぁ。前日入りして河畔でのキャンプが楽しみなのに予定変更かな~。鮭はどこに行ってしまったのだろう。利根大堰の鮭の遡上データが参考になる。 http://www.water.go.jp/kanto/tone/08sojyo_data/2016/28sakesozyou(tone).pdf

 

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 13現在の記事:
  • 132905総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 32昨日の閲覧数:
  • 267先週の閲覧数:
  • 129月別閲覧数:
  • 101468総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 21昨日の訪問者数:
  • 206先週の訪問者数:
  • 103月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: