2016/10/08 カメラ博物館の6階で先生の講演会が開催されたので聞きに行った。会場には全国各地から駆けつけてくださったお客様でほぼ満席状態。展示会場内に飾られた写真をスライドショー形式で提示しながら、「北アルプス」にかかる撮影秘話をたっぷりとお話しいただいた。進行役の本橋さんは写真公社のOBでこの業界では有名な方、先生との親交も50年になるという。この企画を考えてすでに10年経過したと言い、実現できたことに感無量のものがあるという話が聞けた。先生の話はいつもどおり朴訥としているけど、話の合間で出てくるエピソードには面白いものがたくさんあった。もちろん、話されたことの多くは撮影現場や宿泊先で直接聞いたことがある話が多かったので、こういった形式ではなくて違った方法だったらもっとたくさんの面白い話が引き出せるだろうに、と思うことが多かった。正面に投影されている映像が出ている時に涸沢乞食の話をされたのにはびっくりしたと同行した方の話。そうです、深いのです。もちろん自然塾の教室の話があちこちに出てきて、教室を開催して発見することが多かったという話には同行する機会があった自分としては嬉しかったし、展示された作品を撮影されたその近くに自分もいたという実感があったり。講演後の質問コーナーでも、昔のことを思い出させる質問が続いていて、質問されている方と同じ時期をその場所で過ごしていたことを懐かしく思い出したりした。dsc_0966-8会場内には内田さんがいらしたので嬉しくて、色々な情報交換の時間を持つことができた。cp+2016の会場でお会いして以来久しぶりなのに、話が盛り上がって、とても収穫があったのはなによりだった。特にEOS 5Dmark4に関する情報交換ができたのはとっても有り難かった。大倉舜二のゼフィルス24で意気投合するようなところがあって、気楽に話が出来ることから、色々不躾な質問もできるので甘えてばかりいるのだけれど、mark4に関しては「mark3よりも確かに良い」という話に終始。技術開発分野に長くいられた方なのできちんとした根拠に基づいた話し方が魅力で、彼が話して下さったことは全て信じられる。今すぐにでも買い求めたい気持ちになっている自分に、もう少し待つように話してくれた根拠にも納得できるものがあった。そう、そう、そういう話を聞きたいの。

その他に嬉しかったのは岡山の西田さんにお会いできたこと。最近面白い写真を撮っているそうじゃないかと切り出して、ご自身も6月の釧路湿原を漕いできた話をしてくれた。野性味にあふれる点で合意。カヤックから見る世界に共感。とやっぱり西田さんとは波長が合うなぁと実感する。昔、「邂逅の森」を読んだら面白かったと紹介したら、秋田から岡山への帰りの新幹線で読んで感動したと数日後に送ってくださった方で、「陰翳礼讃」を自分に紹介してくださった方。最近の田沢湖遠征や三陸海岸に漕ぎだしている話を、面白がって聞いてくださった。

もちろん話している周りにはたくさんの自然塾の生徒がいて、今度はカヤックに乗ってみたいという話に展開していく。来週からの鳥海山の撮影はよろしくとか、メールアドレスを教えて下さいとか、とても濃密な午後のひと時を過ごせたので嬉しかった。

久しぶりに新宿の街で美味しいビールを飲みたいと思った。

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 9現在の記事:
  • 134811総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 290先週の閲覧数:
  • 636月別閲覧数:
  • 102943総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 232先週の訪問者数:
  • 507月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: