キャンプ場の撤収作業を終えた後は参加者全員で乳頭温泉「鶴の湯」に向かい、入浴を済ませて昼食後に現地解散となった。朝のサンドイッチが自分にはボリューミー過ぎたので昼食は注文せず、あるもので済ませて、「さなづら」と「つるまん」を土産に買った。「さなづら」は山葡萄の酸味と香りを楽しめる寒天ゼリー状の菓子で、試食品が美味しかったので饅頭の「つるまん」2個入りと合わせて400円支払った。いずれも「鶴の湯」限定という売り方に釣られてしまった。dsc_0963-8

国道46号線を走って釜石に向かい夕方には二度目の釜石入り。MESAの事務所がもう少しのところで電話が鳴って、電話口に出ると、草山さんがカヤックを2艇積んでツアーから帰ってきたところだった。お願いしたとおりに艇庫に泊まらせてもらって、寝袋等の準備を済ませてから、釜石の呑ん兵衛横丁に案内してもらった。念願の呑兵衛横町だったので力が入ってしまい、今朝の雲の流れから推測すると、明日の天気は期待できないことから、天気祭りを盛大にすることにした。ビールを三杯、焼酎三杯、浜千鳥(地酒)三本も飲んだ。美味しい魚が食べられる店「とんぼ」。女将さんからも日本酒の差し入れがたっぷりとあったのでずいぶん呑ませてもらえた。新秋刀魚の刺身は今までに食べたことのない食感、プリプリしていて噛み応えといい脂の乗りかげんといい、申し分なしで美味しかった。写真を撮るのを忘れる程でした。ははは。

目が醒めると東の空に朝焼けが見られた!これは期待できるかもしれない!天気まつりをした甲斐があったぞ!と嬉しい朝を迎えた。海抜ゼロmにいる。暫くするとまた移動になるらしい。新しく艇庫兼宿泊施設を建造する計画だとか。その時はお祝いに掛け付けるつもり。時々陽が指しそうな予報なので白砂が見られる海岸がお薦めだと言われて、吉里吉里海岸に向かい、穏やかな波の中を漕ぎ出した。岸沿いに艇を進めていくと、はまぎくの花が岩に張り付くように咲いている。花言葉は「逆境に負けない」 岸と大岩の間に水路のように通れるようになっているところを通過する時は緊張する。大きくて丸い岩が水中に見えていた。大きく右に曲がって、同じような水路を通過して、更にもう少し行ってみますか?と草山さんが誘うので応諾するも、うねりが感じられて緊張の連続に汗ばむ。もう少し行ってみますか?と問われて勿論と応えたけれど、内心バクバクしている。だんだんと強い風が当りだして、帽子が吹き飛びそうになったので、左右に大きく揺れながら顎紐を締め直したりする。二才島の手前で南風が強く感じられたこともあり引き返すことになったけど・・・実はとても良かった・・・そのまま野島の縁を辿って北上するも先端近くまでいくとうねっていたり、岩にぶつかる白波が見えてきたので、ここまでにしましょう!と声がかかって引き返した。白砂の入江で休憩。スピードを上げた勢いのまま岸の乗り上げる方法で上陸できるのはfrpが素材だからか。ファルトボートにない醍醐味かもしれない。dsc_0965-8%e5%90%89%e9%87%8c%e5%90%89%e9%87%8c%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%a4%e3%83%83%e3%82%af281003草山さんが淹れたコーヒーが今回も美味しい。ホッとする。ここはMESAの案内葉書にも載せてある景勝地だと分かったけど、残念ながら夏の日差しがないので画像は大人しい印象になる。雲の合間から陽射しが得られるタイミングで撮影を試みた。楽しそうでしょ!?img_2040-8img_1612-1今回もお世話になったpenginn艇。前回よりもラダーの取り回しが良くなっていた。欲しいな!だけど我慢する。パドルも軽量で短めで曲がっている高級品で実に使い易かった。この場所でテントを張ってキャンプしたいと思っていたら、北に向かって広がっている入江は不向きなのだと言う。理由は海水が上がってくるので危険なのだと言う。確かにコーヒーを飲んだりカップ麺を啜った時に座っていたのは太くて長い流木の上、岸から10mも離れているところまで波で運ばれてきた訳だから、テントを張っていたらひとたまりもないのだ。草山さんは安全面で示唆に富んだ話をしてくれる。朴訥な話し方ながら実に的確にタイムリーに話してくれるのが良い。

帰りは南西の風をまともに受けながら漕ぎ進めた。夕方には雨が降るらしく風が出始めていた。近くの工事現場の緑色と白色の吹流しはほぼ水平方向に太くなって揺れていたし、緑色の十字の書かれた旗も千切れんばかりだった。11月になると海に入れなくなってしまうのがこの風のためだと。三陸海岸で風が出たあと一週間でハワイに到達するらしい波の話があった。少し早めに艇を引き上げて、ひょっこりひょうたん島 を見にいくことになった。車中で主題歌を歌ってみたらフルコーラス唄えたのには我ながらビックリ。写真は前述のとおり。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 14現在の記事:
  • 127387総閲覧数:
  • 13今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 277先週の閲覧数:
  • 1224月別閲覧数:
  • 97179総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 29昨日の訪問者数:
  • 199先週の訪問者数:
  • 906月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: