大人数が予約されたのでガイドの手伝いで出たら、早めに到着された6名様と一緒に先に湖に出て欲しいと頼まれた。準備を済ませてからずっと待っていただいても申し訳ないし、できるだけ長い時間、体験してもらった方が良いから、なるほどと承諾して皆さんを湖までお連れする。若い、20代半ばと思える男性ばかりの6名様。同級生の集まりで、昨夜は伊香保温泉に投宿されていた。今日が初めてのカヌー体験。パドルの使い方、安全に関する話を済ませて船に乗り込んだ時は笑顔を見せながらも緊張感がたっぷり。静かに漕ぎ出す。ゆっくりと進む。楽しそうな声が上がっているけど実にゆっくり。合体体制を作って集合写真を撮る。赤い橋を越えたあたりで幾らか表情が緩んだように感じる。スターンラダーの使い方を少々伝達。実に大人しく、穏やかに、ゆったりと進んでいく。ジャングルクルーズも楽しそうに枝の下を潜り抜けていく。激突するようなことはない。いつもよりも水位が高く、川の流れも楽しめて最奥部まで遡上出来る。上陸。思ったよりも遡上が大変だったと額に汗する程にプチアドベンチャーを楽しんでいただく。帰りは川の流れに乗って流されるままで、のんびり、ゆったり。実に穏やかに。リラックスした笑顔で無事に帰還することが出来た。DSC_0240この夏のツアーでは、特にお盆の時期にお手伝いに入ることが多かったけど、交通渋滞で集合時間に間に合わない事態が時々発生した。ガイド二人体制にしたので、メインガイドには先発してもらって、自分は遅れてきた方の救済ガイドや時間短縮ガイドなどを担当することが何回もあったので、6名様のガイドを頼まれても特に不安はなかったけれど、ベトナムの若い男女6名(前述)とは対照的で、余りにも大人しく穏やか過ぎてかえって心配になる。「じゃぁ、赤い橋まで競争しようぜ!」と声が掛かる訳でもなく、パドルで水を掛け合う訳でもなく、そういえば艇同士でぶつかるような場面も一度もなかった。実に静かに楽しまれている。これが日本の若者の姿なのかも・・・なんて感じたり。

ガイドが年寄りだからそれに合わせてくれたのかな?・・・そもそも、お客様がお金を払って楽しみに来ているのだから、十分に楽しまれたら良いと思うのに、相手に合わせる心遣いのような、場の空気を敏感に察知して適切な行動を選択している気さえしてくる。実に整っている若者が目の前に6人いる。ガイドの指示を良く聞いて逸脱するようなことは決してなく、教えたとおりに上手に漕いで、楽しかった、カヌーって面白いですね、はまりそう!などと感想を伝えてくれた上に、写真まで購入していただく。午後の予定を伺うと「フットサルをしようかと。昨日もやってから温泉に泊まったので、また温泉に戻って・・・」と言うし、「美味しいものが食べられるところありませんか?出来たら地元の食材を生かしたものが・・・」焼肉とかラーメンじゃなくて良いの?なので何軒か紹介させていただく。

色々な方とお会いする度に色々な発見があるので面白い。特に若い人たちに発見があるのは何故だろうって感じる。きっと年齢をまた一つ重ねようとしているからだろうなぁと思う。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 10現在の記事:
  • 127311総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 296先週の閲覧数:
  • 1148月別閲覧数:
  • 97121総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 217先週の訪問者数:
  • 848月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: