9月がもうすぐそこまで来ている。9月と聞くだけで急に4月から3月までの半分が終わったような錯覚にいつも陥る。折り返しは10月初日の筈だし、1月からの折り返しで考えたら7月初日になるから、9月は特に何もない筈なのに、毎回この錯覚にはまってしまう。このところ、盛夏の頃に比べると気温が下がり、夜の寝苦しさから解放されるようになった。夜の虫の鳴き声もずいぶん賑やかになってきたから余計に季節が替わったように思うのだろう。少しだけヒンヤリしてきたから良く眠れるようになったことで、これは季節の変化に身体が緩やかに順応しているからだと思う。ほぼ毎日21:00pm過ぎには床に就き4:30amまでゆっくりと休めている。

前橋にいながらエアコンに頼らない生活を続けている。日中は遮光カーテンを閉めて陽射しを入れないようにする。陽が傾きだしてから窓を開けて風を入れる。これを徹底して15年が経過した。さすがに耐えられないと感じる暑さの時は二階のエアコンを作動させ、冷たい風が一階に下りてくるようにするけど、今夏は一回使用しただけで済んだ。東京家族が来訪し、三丁目が集まって、10人もの家族が揃ったお盆の時だった。暑い時は、裏のガラス戸は開けっ放しにして、裏の家との間を流れているヒンヤリとした風を取り込んでいる。自分が一人だけの夜は南側の窓まで開けっ放しで休んでいる。でも、いつまで続けられるのだろうか。年をとるとエアコンが必要になるとかみさんは強調する。体温のコントロールが出来なくなって、熱中症で病院に担ぎ込まれる年寄りになるだろうから、居間と寝室にはエアコンは付けた方が良いですから!と声を大にするけど、いまのところ考え中ということで無視し続けている。暑い時は水シャワーが良いのです。

9月になったら!撮影会のためのロケハンに出かけよう。

ところで、台風10号が東北地方に上陸する勢いで、今、銚子沖の東南東290km地点を北上している。日本付近で発生した台風10号は沖縄方面まで旅をしてまた戻って来るという、今までには観測されたことのない動きをしている。でも、昼過ぎには青空が戻ってきそうな予報が出ているのでひと安心だけれど、先の台風では襟裳岬付近に2度も上陸したり、釧路湿原の水浸しや知床半島で災害が発生した。青い池も土砂災害の影響を受けたと報道されたのを見て、とても残念に思ったり。自分たちが旅した先が、偶然だけど、被災することが多いのが気になる。今回の台風の進路予報円が示している上陸地点が三陸海岸あたりなので、自分はとても気を揉んでいる。終日、台風の動きから目が離せないように思う。310261-AUT-010

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 9現在の記事:
  • 126977総閲覧数:
  • 39今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 303先週の閲覧数:
  • 814月別閲覧数:
  • 96874総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 224先週の訪問者数:
  • 601月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: