昨朝7:31amにhideさんから「こんな状況なのでキャンセルが相次いだので、今日のツアーのお手伝いはなしでお願いします。」と連絡が入ってきた。確かに激しい雨音で目が醒め、気象情報を確認すると大雨・雷警報が吾妻方面に出されていた。ツアーをするには雨具着用は必至だし、ずぶ濡れを覚悟しなくちゃならないだろうなぁと思いながら車を走らせていたところだった。連絡があったのは東吾妻町の手前だったので自宅に引き返すことにした。北海道から近畿地方にまで長く伸びる寒冷前線の影響で、明日も雨模様らしい。台風10号の進路も次第に明らかになって週明けには上陸する予報も出ているので、暫くは大荒れの天気が予想される。これで8月中に予定していたツアーのお手伝いは一区切りになりそうな気がしたので、カヤックは四万湖の艇庫に戻さずに自宅駐車場の屋根の下に置くことにした。いつも置くテラスでは大風で吹き飛ばされてしまうかもしれない。奥利根湖を漕いだ疲れがジワジワーっと出てきているので、ゆっくりしようと決めた。

岩塊について前回(8/4)と昨日(8/26)との比較を試みた。上が貯水率36%で下が昨日47%の写真。撮影した位置が若干ずれているけれど大凡のことはつかめる。自分は前者36%の方が面白いと感じる。確かに今回はなんだか小さくなったように感じながらカメラを向けていた。1~2m水位が下がったことで、これ程の変化が生じるのは新鮮な驚きである。試みに60%になるとどこまで上昇するかを予測してみる。右側に残された木の根は埋没するだろう、すると穴の開いた岩塊だけが水面に飛び出して見えるかもしれない。この岩塊を暫く撮影してみようかと思う。背後にある緑色の木々が色付いたらきれいだろうなぁと想像を逞しくしている。IMG_6872-rIMG_7558利根川で行われていた取水制限10%も8月24日で一時的に緩和することが決まり、放水量もゼロになったことから、台風10号の通過による降水量の増加も含めて今後は一気に増えていくことになる。最近は利根川の源流方面にばかり向かっているので、奈良沢方面にも行ってみたい気がする。今回発見した場所と大白沢の撮影を終えてからでも十分に奈良沢を楽しめるだろう。9月上旬ならまだ昨年一番下がった頃の水位よりも低いかもしれないので楽しみだ。

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 8現在の記事:
  • 127282総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 305先週の閲覧数:
  • 1119月別閲覧数:
  • 97103総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 229先週の訪問者数:
  • 830月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: