SDIM1033山梨まで足を伸ばして、①ワインの地下蔵を探訪したり、今回はドライバーなので飲めなかったので次回は是非・・・。②武田信玄の恵林寺を見学したり、上杉謙信の旅の延長に位置するのかな。③当然昼食に「ほうとう」をいただいて、自家製味噌を使用しているとか。もう少しコクが欲しかった気がした。④信玄餅の工場見学のおまけ付き。WESTの工場も近くにあったので立ち寄った。嬉しかった。10年ぶりの雁坂峠越えでの山梨入り。目の前に富士山の神々しい姿を見ることが出来た。SDIM1012 SDIM1013

SDIM1030帰りは同じ道を帰るまいとする自分の性質で清里回りを選択したのは、高速料金が馬鹿にならないことと、わざわざ南下して大回りすることを避けたいためだった。高速を選択して自宅誘導を指示すると帰宅時間を19:00pmと記してくれたのに、清里回りを選択したら21:00pmを回ってしまう。それでも渋滞も信号もない141号線ならスイスイト進むだろう!と考えたまでは良かったのに、小海近くまで来たらカーナビがあさっての方向を指示している。でも・・・知らないルートより知っているルートを優先して更に車を走らせると渋滞ランプが見えてきた。地図上に×印が3つも付いている。けど対向車は少しずつ動いてくるから待つことを決めたのに、30分経っても20m程度しか進まない。変だなぁ~と思ったところに、パトカーがマイクで「この先で大型トラックと軽自動車の事故があり141号線は当分の間通行できません。」とアナウンスしながら通過していった。そうか。ナビは回避ルートを早々と示してくれていたのか。車をUターンさせてナビが指示した通りの道を走ると、これが頗る快適な道で、最初からこの道を選択しておけば良かったと思ってしまう。更に、住宅地の中を走る際にも有効な回避ルートを指示してくれて、少しばかり狭かった場所もあったけどストレスなく佐久平に着くことが出来たのでした。あのままずっと渋滞していたら何時に帰還できたのかを思うと、嬉しかったのと同時に、カーナビの信用度が急上昇したのでした。今まで走っていた道路はバイパスだったことも分かり、今回走った道には大きな門構えや板塀の続く大きな家で、蔵まであるような屋敷が見られたので、ここの地域をゆっくり見たら面白いかもしれないといった発見もあり、とても良い体験になりました。佐久から上信越道の誘導にはカーナビの言うとおりにしたことは言うまでもありません。夕焼けの西の空に槍ヶ岳がシルエットで浮かんで見えたのも最高でした。20:15pmに自宅近くのスーパーに到着でした。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 8現在の記事:
  • 126996総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 272先週の閲覧数:
  • 833月別閲覧数:
  • 96890総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 25昨日の訪問者数:
  • 208先週の訪問者数:
  • 617月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: