今回の受診もまた良く顔が見える関係。予約時間になると奥の診察室からお迎えが来て、話をする時も顔が見えるし、前回もそうだったから、初回だけが変だったのかもしれない。その初回は「とりあえず痛いところの治療をして下さい」と頼んだからかもしれないし、きっとそうだと思う。今回は歯周病に関するチェックとレントゲン撮影。口腔内の近接撮影があって唾液検査の申し込みをして終了。それでも一時間はかかった。実施した検査結果の説明は次回に実施することにしたけれど、上下左右の犬歯周辺はかなり深刻ですよ~と歯科衛生士が話していた。還暦前にする予定だった口腔内ケアに時間をかけることに決めたので、慌てずゆっくり直していこうと思う。x443138215

レントゲン撮影にはプラスティックの器具にフィルムを装着したものを用いて、これを口の中に入れる方法で行っているが、前回に撮影し切れなかった部位まで撮影したので、随分とたくさんのショット数を数えた気がした。また、近接撮影も実に愉快で、少し温かさを感じる鏡を口の中に押し込んで、特に内側の奥歯はこれで上手く撮れると思うけれど、マクロリングライトの付いたNikonが口腔内の上・下・左・右側を撮り続けたので、撮られている自分が一番楽しめました。奥の歯を撮る時には鏡を奥まで差し込むので、舌が圧迫されたり、唾を飲み込めなかったりしたけど、何となくコツが分かってきた頃に終了となった。自分もこの道具を使って昆虫や植物などの近接撮影をしてみたいと思う。撮影の結果は次回の診察時に説明があるとのことだった。撮影した写真の一部を見ると、サンプル写真のきれいなピンク色した歯茎や口腔内の様子、白い歯が見えたけど、それとは対照的に、黒ずんで銀色に光る既治療部位が口の中で一大派閥を形成しているのが見えて驚いた。写真から得られる情報を有効に利用すると治療展開が格段に良くなるらしい説明があったけど、確かにそうかもなぁと思った。自分が煙草を吸い続けていたら、もっと歯の色が黒ずんでいたのかと思うとゾッとする。

次の予約日は月末の週の朝一番になった。この受診を済ませて高崎に出かける筈だった。いつもならクリニックまで徒歩で行くところを車で出かけていたのに、家に戻ってきてしまった。前日までの過密スケジュールで疲れ気味のところに、辛い料理を食べたのでお腹の調子が悪くなってしまい、前夜からトイレ通いが頻繁になって回復の兆しも見えなかったからでした。でも今日はもう大丈夫。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 127317総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 302先週の閲覧数:
  • 1154月別閲覧数:
  • 97124総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 220先週の訪問者数:
  • 851月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: