今日は荒れ模様の予報だった筈なのに、到着すると、風は穏やかで温かい陽射しが降り注いでいる。自分がこの地域を訪れる度に晴れる確率が高いことから「スーパー晴れ男」と言われて気を良くしたことがあったけど、最後になる今日もまたみごとな快晴。自分自身が発するご利益を自分が享受できる幸せを笑ってしまう。この地域の魅力に取り憑かれて、ずいぶん長い期間撮り続けたけれど、今日を限りにすることを手土産持参で知り合い宅を挨拶に回った。行く先々で、話は4月以降の話題に広がっていくけど、自分のライフワークを無理矢理引き合いに出して、対応が難しいことを伝えたので、漸く一区切りすることができたように思う。

ドキュメンタリー映画祭は盛況だった。発表された5作品はどれも興味深く、考えさせられるものがあった。主役が旧知の方ばかりなので興味津々、まるで伝説の中にいるような味わいを感じながら食い入るように見続けたので、あっという間に終わった印象で、もう少し見たかったのが正直なところ。作品が20分余りでは語り尽くせないのかもしれない。自分もC作品の一部に出演して、エンドロールには実名が載ってしまったので恥ずかしい限りでした。カメラを持つ立場からすると、室内でインタビューする場面での人物の露出不足が気になったこと。面白いカメラワークが随所に見られ、露出ワークでゾクゾクするような色を出した私好みの作品もあった。

福寿草が花盛りの隠居を訪ね、草履の師匠にも会えてお話ができ、納豆の大将と並んで映画を見ることのはなによりの幸せだったけど、あんの家も家主にも会えなかったのは少々心残り。

余程のことがない限り、この地を再び訪れないと約したのだから、守り続けていくしかない。

 

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 1現在の記事:
  • 134811総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 290先週の閲覧数:
  • 636月別閲覧数:
  • 102943総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 232先週の訪問者数:
  • 507月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: