CP+2016に二日間滞在して、それはもう十分過ぎるほどの刺激を受けて参りましたが、自分が事前に予測していたことは悉く外れてしまいトホホの気分で帰還しました。でもこの時期に自分が横浜に行けたことには十分過ぎるほどの意味があったと思いました。今日はこのまま床に就きますが、寝る前に本が注文したくなって密林でポチリました。近藤信行著 安曇野のナチュラリスト 田淵行男 山と渓谷社 2802円 明後日には入手できる便利さに頭が下がります。田淵氏がどんな思いで撮影したのかが書かれているので面白いと元シグマの内田さんが教えて下さいました。会場内で二日間のいる間に内田さんと何度もお話することができたのは自分にとってはとても良いことでした。遥々都会に出て行く度にお会いする確率がすごく高いというか毎回会える不思議。そして、その度毎に色々教えて下さるので何だかとても有難い思い。勿論うちの師匠のお陰だと言うのは理解していますけど。今日は、ブース脇で三宅岳さんにも引き合わせていただいた。僅かな時間で野反湖の美しさ、八間山のことで話ができて、もう少しお話ができたらと思うと残念だったけど、またいつかどこかできっと会えるような気がして嬉しく思ったのでした。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 13現在の記事:
  • 127260総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 283先週の閲覧数:
  • 1097月別閲覧数:
  • 97086総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 212先週の訪問者数:
  • 813月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: