予定はあくまでも未定。朝一番で実家に向かうも妹は既に留守。きっとお墓だろうと思って行ったのに居らず。引き返して駐車場で電話するが応答なし。暫くして「何か用事?」と電話あり。そう、命日だから墓掃除でもしようかと思って。「午後からしようと思ってたんだよ。家に入って待っててくれる。用事足してから帰るから。」一時間後に帰還した。お寺に行って三回忌の日取りを住職と調整しようと思うんだけどどうだろう?「じゃぁ直ぐに用意するから。」訪ねてみると住職は出かけていて不在。今日は友引だから在宅と考えたのが間違いだった。伝言をお願いして連絡待ちとなった。墓に花を手向け、線香を焚き、合唱礼拝。一年なんてあっと言う間だった気がする。

妹が灯篭の位置と高さと形が「気になる」らしく「石屋に聞いてみようか?」と言う。父が夢枕に立ってどうしても!と言ったらにしたら?と答えた。父が生前良く口にしていたのは確かだけど、祖父母の墓石を移動した時も住職はこのままで良いと言っていたし、墓石の移動は最小限にした方が良くて、13回忌とか33回忌等の節目にするもので、頻回に動かすとそれをきっかけに墓に入る人を出してしまうかもしれないからと話して納得してもらった。

そのまま水上方面に向かう予定を変更したのは、寝不足が祟ったから。確定申告の手続きを国税庁のホームページで着手してみたところ、手元にある資料の分はサクサクと進んだのに、資料のない入金についてどう処理したものか、悩み始めたら午前0時を回っていた。頭が悪いのにたまに刺激を与えるから不完全燃焼するストーブの様になって、朝まで燻り続ける始末。何度も目が醒めたりトイレに起きたり、一時間おきに起きていたような気がする。この条件下で出かけても効果はないと思ったので自宅へ戻り、住職からの電話を待つことにしてマッサージチェアに腰をかけたら、一時間なんてあっという間だった気がする。

15:00pmに住職から電話があり、予定よりも一週間前に三回忌法要を執り行うことを決めた。当日は「峰」の会山行が予定されていたけど、三回忌法要を心を込めてお勤めしようと思う。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 8現在の記事:
  • 127417総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 265先週の閲覧数:
  • 4月別閲覧数:
  • 97200総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数:
  • 198先週の訪問者数:
  • 3月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: