朝から絶好の作業日和。でも、庭木の剪定に着手せず石屋との打合せを優先して電話すると、「これから現場に行って見て来たい。午前中には訪問したいが在宅で?」と尋ねられたので急遽実家に向かうことになった。11時過ぎに訪問したのは父母の納骨の際にお世話になった常務で「明日担当者が出て来ますので、夕方には見積書をお届けに上がれます。」当時と同様に手際が良いので気持ちが良くありがたい。幾つかの質問にも明快な回答があり、さすが専門家だと。見積書を見てから住職と詳細を詰めていくことにする。本家の動きを信用しないみたいで心苦しいけれど、今週末まではとても油断できない状況で、約束したことを反故にされないか気がかりで仕方がない。忙しくなりそうな気配だ。

DSC_1325標高の高いところから雪の便りが届くようになった。朝晩の冷え込みも一段と強く感じられるようになって、我が家も夜になってストーブに点火することになった。少し贅沢な気がしたけれど、寒々とした部屋に孫娘がいるのは可哀相な気がしたからで、暖かな風が流れてくるとホッする。ところが、このところ人見知りが激しくて爺・婆の顔を見ては泣き出す始末。一週間前はニコニコして抱っこされていたのに・・・母親に抱っこされると泣き止むのだから、愛着形成がしっかり出来ているということ。まぁ順調な成長ぶりだと喜ぶしかない。

「ぶり」の良いものが安く手に入ったので、豆乳鍋でぶりしゃぶを楽しんだ。食卓で大人たちが食べている様子を見て、自分も食べたい!と泣き叫んでいたのかもしれない孫娘。椅子に座らせると口をモグモグさせていたのは実に可愛かった。140日経過。

 

 

 

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 127391総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 281先週の閲覧数:
  • 1228月別閲覧数:
  • 97183総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 29昨日の訪問者数:
  • 203先週の訪問者数:
  • 910月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: