藤原湖271027今回は西公園ではなくて久保地区テニスコート下から出廷して、時計回りにぐるっとひと回り。念願の一筆書きが完成しました。9:43am過ぎの天候は無風快晴。昨日と同じような気象条件で奈良俣では朝2℃まで下がった様子。もう少し早く到着していれば良かったと思うような空の青がみごと。左岸に沿って藤原ダム方面に進む。大滝沢、平出集落の生活音が手の届くところで聞こえいる。出廷しやすそうな場所を二ヶ所、小さな沢の流れ込みも三ヶ所確認。藤原湖が満水のことが珍しく、いつも細い川が流れているだけなので、水中を覗き込むと「こんな筈ではなかった」といわんばかりの植物の姿が見える。ミズナラの大きな木も水中から立ち上がっている。ダムサイトのオレンジ色の浮きのところで11:00am スタート地点に戻ると12:00pmとなった。そのまま休憩なしで宝川方面に進み、赤い橋を潜って須田貝方面に進む。ところが、途中の大滝のところまで深い緑色をしていた湖水の色が茶色くなってきた。良く見ると枯葉が蛇行して此方に流れてくるように見える。しかも自分の艇が流されていくのが分かった。これはダムが放流しているということだろう。そう言えば・・・12:00pm頃に西公園下を通過した時にスピーカーから聞きなれない音が流れていた。サイレンとはほど遠い、暗号のような、聴覚テストのような音が4回聞こえたのがそうだったのかもしれない。そんなことを思いながら先を急いだが、先日到達した最奥部まであと僅かのところ:hideさんがデッドロックと説明した大岩:昔ラフティング中に亡くなった方が出たのがその名の由来、まで近寄ろうとしたけれど、「あそこはアンダーカットなんだよ・・・」のhideさんの言葉を思い出して断念することに。そう決断をさせるようなけっこうな水流になっていて、そのまま流れ下り、曇りがちになってきたので撮影もせずに戻ってきて着岸したのが13:22pm。出廷した時よりも水量が増えていることがここでもハッキリ分かった。 総距離14.3kmは漕ぎ甲斐があった。移動時間3h:39m:12s 停止時間18m:24s 移動の平均値4.3km/h 最大8km/hIMG_0603 IMG_0633 三枚目の写真の水の色は茶色になっています。
IMG_0773 IMG_0791

帰りにみなかみの事務所に寄って上記内容を報告すると、藤原湖は一日の間に水量の増減がある場所とのことだった。念願だった一筆書きが完成したのはとても良かった。

また那珂川に行きたいかも。鮭の遡上をもう一度見たい気がするけど、天気次第だな・・・

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 11現在の記事:
  • 128480総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 373先週の閲覧数:
  • 1067月別閲覧数:
  • 98045総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 299先週の訪問者数:
  • 848月別訪問者数:
  • 40一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: