かみさんとの旅はいつも気ままな旅を楽しんでいる。今回ももちろん宿を予約するつもりもなく出発して、気に入ったところで泊まれば良いというスタイルだ。「そうだ!山形の冷やしラーメンを食べたかったんだ。」とかみさんが言う。これだけの理由で山形に向けて出発したけど、子どもたちと喜多方ラーメンを食べに高速を飛ばしたこともあるから別に何にも問題はないんだけど。朝7時半に家を出て、12時過ぎに山形の冷やしラーメンの店に並んでいた。DSC_1052次は銀山温泉を見に行こうということになり、カーナビに言われるとおりの道を選択したら、山道をくねくねと進んでいく。前を走っている車はみな県外車で、ナビの奴隷になっている状態。地元の人たちが走る道はきっとある筈だとブツブツ言っているうちに銀山温泉に到着。DSC_1057大正ロマン漂う温泉街はとても素敵だったけど一泊の料金が高すぎたので、日帰り入浴場所で軽く汗を流して、蕎麦で有名な地域なので、夕飯代わりに軽く啜っていくことになって、辿り着いたのが山奥の七兵衛。大根の利いた汁で食べる蕎麦も面白い。ここは蕎麦の食べ放題で有名な店とか。夕方18時まで営業しているので助かる。17時過ぎには腹一杯食べてしまった。途中には小さな蕎麦屋の旗がたくさん並んでいた。DSC_1059最上川に沿って下りながら酒田に行ってみたいということになる。最上川舟歌をyoutubeでかけながら車を走らせる。細川たかしの美声。薄暗くなる頃に酒田に到着。宿を決めて、宿から見えるスーパーでお買いもの。缶ビールとつまみで軽めに済ませて就寝。

起きたら酒田の港が目の前で、観光名所が目の前にあるので、早々にチェックアウトして見に行く。千石船が入港した当時を想像させる場所を満喫。まだ開館前なので極めて静かなのが良い。吉永小百合もここに来たのかと思うと一層満足感が高まる。その後は飛島に向かう定期便の船を見にいく。いつかは飛島に行きたいのだ。鮮魚センターが店開きしていたのでさっそく大ぶりの牡蠣をいただく。黒鮑を二分してもらっていただく。歯ごたえの良さはたまらない。img_2

酒田と言ったら土門拳でしょう!ということで1時間ほど立ち寄る。自分は4回目。鳥海山や白神帰りに立ち寄ったことがあったけどかみさんは初めて。で、鶴岡経由で米沢まで南下することに決まった。上杉廟を見たことがない、上杉神社を見たことがないという。ということは米沢牛と米沢ラーメンを食べないと。これは楽しみになってきた。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 10現在の記事:
  • 127161総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 42昨日の閲覧数:
  • 294先週の閲覧数:
  • 998月別閲覧数:
  • 97009総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 22昨日の訪問者数:
  • 218先週の訪問者数:
  • 736月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: