IMG_8375湖水面の高さは19.79m。水位がかなり下がったので、野反湖畔を周回しながらゴミの回収にあたることになった。今回のスタッフ7名は体力的には最強だと思うけど、次回には参加できない方もいるから、次回の顔ぶれを考えて計画を立てないと作業が終わりそうにない。今回は当初計画した案に修正が入ったのでイカ岩から湖畔に下りて時計回りに歩くことになったのに、そもそもの狙いが思うように展開せず、治山廃材(2.4m 17kg)を自分が担ぐ羽目になってしまい、時間もかなり押してしまう結果になって、結局、昼飯の時間を確保するために途中をはしょることになってしまった。一番力を入れなくてはならないところが前回も十分できず、今回もまたなので、とても悔しい思いが残ったから、次回は優先順位を上げて対応しないといけない。回収結果は後述するとして、今回は湖畔にタバコの吸い殻がたくさんあった。その他のゴミもずいぶん多く、今まで余り見かけなかった湖西岸でもたくさん回収できた。夏休み期間中に野反湖を訪れた客が多かったと言えるし、7名で回収にあたった成果とも考えられる。反省点は、スタッフが当協会のエコツアーガイドなので体力的には問題ないだろうとしたところだけど、やはり湖畔一回り10kmは長いのです。湖の半分ずつを持ち場にするとか、午前午後に分けるなどの工夫は要るだろうと思い、次回にこの点を生かせるようにしたい。残念ながら、のんびりやることで計画を三年間延ばせば良いとは思ってもいないし、そういう提案があったけれど受け入れる気にもならない。今回、道路脇のトラックにまで引き上げたのは一回だけ。その後も治山廃材が見つかったのだけど、トラックまでの距離が遠すぎたために湖畔に一時集積したので、次回はこれらをトラックまで運び出す作業がどうしても最優先になる。午前中スタッフ総出で当たるか専属スタッフ2名を配置するかは悩ましいところ。チェーンソーが大活躍しそうだ。2名専属にした場合は午後も運び出しに従事してもらうことになるだろう。午前中から終日、ニシブタ沢から東電下を4名(K/H/Y/H)に担当してもらうのはどうだろう。ゆとりが出来たら回収物の分類をしてもらえると良いかもしれない。IMG_8209

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 15現在の記事:
  • 136150総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 282先週の閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 103916総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 24昨日の訪問者数:
  • 226先週の訪問者数:
  • 300月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: