埼玉県から林間学校に来た小学5年生100名と一緒に池の平を歩いた。梅雨の真っ只中だと言うのに爽やかに晴れている。スタッフの集合が地蔵峠9時だったので8時半過ぎに到着しておいて良かった。小学生たちを乗せたバスは30分も早く到着。スタッフの打合せもそこそこに、3台の大型バスに分乗して今日のガイドが始まった。自分は1組28名を担当することになった。池の平駐車場でトイレを済ませ、全員揃ったところで赤木さんが浅間山の火山活動について説明する。その後は班毎の写真撮影。これにけっこう時間がかかる。カメラマンの言うことに反応しない児童も多くて担任は大変だと思う。中には体調が気になる児童も含まれている。服薬調整できていることを確認。撮影終了後、各班毎に行動開始。歩く時の注意点を説明したり、高山植物の名前を伝えたりしながら歩き出す。マイヅルソウ、イワカガミ、レンゲツツジ、ツマトリソウ、それを面白がって口にする。「倒木更新」は語感が良いのですぐ覚えてくれた。池の平が見下ろせる場所にくると、ヤッホーポイントは何処ですか?と盛んに聞きたがる。事前学習が充分に出来ていることを感じる。コマクサ、ハクサンフウロ、ヤマオダマキ、わけが分からなくなったよと言うから、忘れてもいいんだよ~と話ながら、三方ケ峰に立つ。梅雨前線が東西に大きくつながっているのが見える。東側方向には雲海も見える。天上には巻雲が流れている。明日は雨になるよ!と言うと、どうして?と聞いてくるから楽しい。池の平湿原の鏡池で一回、登り口のところでもう一回、こだまを楽しむことにした。昼食時間に食い込んでしまって少々慌てるけど、子どもたちの表情は楽しそうだ。昼食後は地蔵峠までの樹林帯を下りていく。途中で何度も、あとどれくらい?何時頃に着くの?今何時?と聞かれる。樹林帯の中にいる気持ちの良さを分かってもらおうと思って、立ち止まるたびに五感をフルに使ってもらう。ヨガマットを敷いて寝転んでいたいという女児もいた。疲れているんだね~。笹笛を作る時間が盛りあがった。説明も大切だけど、身体全体を使って楽しめないと楽しくないんだと言うことを実感する。池の平ガイド0702

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 10現在の記事:
  • 131109総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数:
  • 354先週の閲覧数:
  • 1025月別閲覧数:
  • 100014総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 249先週の訪問者数:
  • 735月別訪問者数:
  • 35一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: