9日早朝に電話で呼ばれて病院に向う。途中から雪になり、ライトに照らされた高速道に降り積もる雪を見ながら運転していたらなんだかボーっとしてしまって「いつもと違うところかい?」と三男に言われて、下りるべきICを通過したことに気づくありさま。病室に到着して手を当てると母の額はすでに冷くなり始めて、まだ温かく感じられるところを探して腕や腹部を摩ったりする。看護師は3時には息があったけど4時に回った時には呼吸が止まっていたと説明した。15年間よく頑張りましたね~と母に労いの声をかける。妹は泣いている。慌てていないつもり。父の葬儀で世話になったT氏に連絡。自宅に連れて帰ることにして告別式までの段取りを決める。慌てない慌てない。

前日、次男夫婦と一緒に長野県にドライブに出かけていた。来年NHKで放送される「真田丸」に関心があるのか事前に見たいと希望したので、真田の宝物館を見たらどうかと提案し、松代大本営跡と善光寺をセットにして一回りするドライブだった。しかし、自分は運転して暫くすると体調が急変。宝物館で薬局の場所を尋ねて、購入した鎮痛解熱剤に頼る羽目に。もちろん車中から一歩も出ることが出来ず終いの旅になってしまった。帰還して早々に床に就き、電話で起されるまでしっかり静養モード。出発前、最近、母の顔を見てないな~ご無沙汰だな~といううしろめたい思いがチラチラしていたから、自分の体調不良は母からのメッセージだったかもしれない・・・なんて思ったり。実家の寺は六文銭の天桂寺 体調不良と母の体調、真田の六文銭とお寺とが妙に符合したな~というのが実は自分の感想でして。単なる偶然だと思うんだけど。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 128480総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 373先週の閲覧数:
  • 1067月別閲覧数:
  • 98045総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 299先週の訪問者数:
  • 848月別訪問者数:
  • 40一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: