3日間良く寝ました。いままでなら、電波の届かないところに撮影に出かけていました~なんてことがありましたけど、今回はとても苦しい病床にありました。

24日朝起きたら猛烈な喉の痛みで声が出ず、午前中だけでも仕事に出ようと思っていたけど断念、午後から母親の転院の手続きには行けたけど、医師や看護師から聞いた話も上の空で、早めに帰還して熱を測ったらkt=38.3 夕食は簡単に済ませて床に就いた。どうも様子がおかしい。寝ている間に喉の奥(びくう)を垂れてくる水分が気管に入りそうで、上を向いて寝られない。むせたり痰が何度も出たりするので、横を向いていないと寝ていられない息苦しさもある。咳払いと同時に飛まつがスマホ画面を激しく汚したりする。吸い込む時にも苦しくなる。母親が誤嚥性肺炎を繰り返していたから、この苦しさと同じかも・・・と考えたり、自分のこの先を案じたりする夜の長さ。25日朝の検温はkt=36.3 午前中に若先生を受診、インフルエンザではないでしょう!と診断を受けて写真の薬をいただいた。アイスやヨーグルトを美味しくいただいて寝床の人に。夕食後に再びkt=37.8に上昇。色々な夢を単発で見た。そのたびに痰が絡んでいた。トイレに起きた時に鏡に映し出された自分の姿を見て親父の晩年の姿そっくりなのに驚愕したり。確かに体格やパーツの組み合わせ方を詳細に見れば違うのだけど。雰囲気、居佇まい、を髣髴とさせる。DSC_0082

喉の痛みが軽快に感じられるようになったのは26日の午後から。気がついたら水分を飲み込んでもひびくような痛みはなくなっていた。仰向けで寝られるようにもなっていた。呼吸すると肺のあたりがブツブツ音がしているようなので気になったけど、27日朝、目醒めるときには消えていた。検温してみるとkt=36.0 いつもに近い体温に戻ったので、このまま暖かくして終日過ごしてみることに決めてTV視聴していた。昼過ぎに薬を飲んだ時に検温したら kt=34.9まで下がっているけど、食事も摂れているし意識もしっかりしているから大丈夫。3日ぶりに書き込みが出来る。

母親の転院手続きを他の誰かに代われないので自分が応諾したのだけれど、その日に体調が最悪になっていると予想だにしなかったから、頑張った分だけ身体を無理させてしまったことになる。その結果、急ぎの書類作成の仕事をすっかり六合事務所に任せっきりになってしまった。申し訳ない思いで一杯。

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 5現在の記事:
  • 136150総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 46昨日の閲覧数:
  • 329先週の閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 103916総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 267先週の訪問者数:
  • 300月別訪問者数:
  • 35一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: