前述のとおりEvernoteとの再会でワクワクしっぱなしになっている。密林を覗いてみるとEvernoteに対応しているメモ帳や手帳が何種類も出ていることに気づく。でも実際に手にとって見ないことには実感が持てないので、昨日けやきウォークの紀伊国屋書店でモレスキンを手にしてみたけどどうしても欲しい!という気持ちが沸いてこなかった。キングジム社のものの方が良Screenshot_2014-12-05-21-25-26さそうに思えたので、今日はどこかの文房具屋さんで見られないかと期待して出かけたけれど、近所の専門店:UENOにもなかったし、出かけた先の戸田書店系の文具屋:ちぎりいち にもなかったし、実家近くの文真堂書店にもなかったけど、Evernoteに対応可能なnakabayashi社の手帳の発見は予想外だった。買うかどうか少しだけためらったけど元あった場所に戻して店を出て帰還する。密林でshot note を頼もうと思っているところ。自分はどうもOCRの機能が気に入っているみたいで、欲しい情報がスマホのEvernoteに集積され整理されるところが面白いんだと思いますね。自宅のパソコンとも連動しているところもすごく気持ち良い。このOCRをウィキペディアで検索すると、光学文字認識(こうがくもじにんしき、: optical character recognition)と表示されています。中身は、活字の文書の画像(通常イメージスキャナーで取り込まれる)をコンピュータが編集できる形式(文字コードの列)に変換するソフトウェアである。(中略)紙に印刷された文書をデジタイズし、よりコンパクトな形で記録するのに必要とされる。 となりますけど、昔からこういった機械を喜んで購入してはものにしないで埃だらけにしていた記憶もありなので今回はしっかりとものにしようと。そうそう卒論前の特殊実験でこのようなテーマを選んだような記憶ありで、教授から厳しい指導があった記憶。だから尚更かも。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 5現在の記事:
  • 127200総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 22昨日の閲覧数:
  • 262先週の閲覧数:
  • 1037月別閲覧数:
  • 97041総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 17昨日の訪問者数:
  • 192先週の訪問者数:
  • 768月別訪問者数:
  • 27一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: