根広尾根261012富士見峠に8:30amに到着するとホワイトアウト。野反湖も八間山も霧の中で全く見えないし、ひどく寒い。今日の目的は17日に開催される六合小学校の秋季遠足のコースの下見。当日のスタート時間に合わせて富士見峠を出発して弁天山に登ったあと根広集落まで下る計画。同じ時刻ならどういう陽の指し方をするのか、紅葉はどのくらい進んでいるのか、色付いている葉が何かを大凡見当つけておきたいのもあった。この根広尾根は熊情報には事欠かないところなので、いつも愛用している熊鈴とは形も音も桁外れの大きさの熊鈴を借りることにした。根広集落から先は、遠足の計画では尻焼温泉が目的地だけど、自分が予てより歩きたかった根広道を下って花敷温泉まで出ることにした。

熊には遭遇しなかったけど、一ヶ所、何かがいそうな気配を感じる場所があった。根広で花敷に下る道を尋ねるために「ねどふみの里」に立ち寄ったら、千代子さんと富士子さんからお茶を勧められた。サツマイモとジャガイモ、パンをご馳走になった。11月末のこんこん草履と菅筵作りにはまた顔を出しますと伝えて辞去。千代子さんの話では花敷への途中でも熊がいた話があったので、つづら折れをビビリながら下る羽目になった。

SPAトレラン四万to草津(20140615)で使われたコースなので、何ヶ所かは注意しながら歩くところがあったけど、殆どが良く整備されていて歩きやすい山道だった。自分は写真を撮りながら下りたので根広までは2時間。ランナー達は1時間かけないで飛び降りてきたところ。花敷温泉までの根広道の急なつづら折れをランナー達は、緊張しながら、歩幅を狭めながら通過したに違いない。

また、このコースは六合山岳会のイベントで参加した思い出の場所、テレマークスキーを初体験した場所が正にこの場所だけど、当日の情景を思い出すような場所は僅かに一ヶ所のみだった。稜線には雪庇が酷く迫り出していた記憶。

紅葉は1500m~1380mあたりまでが実に見事に色付いていて何度も足を止めて撮影を楽しんだ。接近中の台風19号の被害が少なく済んでもらいたい。

昨日は終日森林整備の仕事に従事していたためにお休みしました。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 32現在の記事:
  • 127255総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 278先週の閲覧数:
  • 1092月別閲覧数:
  • 97081総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 207先週の訪問者数:
  • 808月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: