もしかしたら直っているんじゃないかと思って試し撮りをしてみる。なるほど動作している。時々引っかかったような音がするので気にしていると暗転。ERR01(下の写真)がディスプレイに表示される。でも気を取り直して撮影を試みると写るので今度は連写を試みる。頗る快調。なんだ、大丈夫じゃないか!と思いきや再び暗転してErr01が表示される。引っかかるような音がする。撮影したい時に撮影できないのでは道具としては使えない部類に入る。目の前に野生の鹿やリスがいたら、熊でも良いんだけど、すぐに撮影体制に入りたいのだけど、その絶対的な条件の時にERR01が表示されてしまったら、レンズの接点を清掃して、もう一度撮りなおしをするので、こちらを向いてくれる!なんていう訳にはいかない。午後3時過ぎにキタムラに修理を依頼してきた。久しぶりに入院することになった。今回で3回目かな。重症じゃないと良いんだけれど・・・DSC_2945

修理専門の会社に見積をしてもらって修理に入ってもらうまでが時間がかかる。良心的な対応をしてくれるのは分かるんだけど、最初の連絡が来るまでに1ヶ月位かかるし、それから修理に入るので、紅葉シーズンを間近にしている身としては考え込んでしまう。受付伝票をいただいてから暫くの間、商品棚に置かれたカメラを覗いたり、カタログを集めてみた。カタログを見ているとつい欲しくなってしまう。買いたくなる気持ちを抑えるのはなかなか難しい。買わないのなら見なければ良いのに、案の定、マーク3のカタログを一番に入手している。良いみたい。最近、コントラストの強い写真を嫌がるような自覚症状があるので、微妙な色の再現が期待できるような気がするって・・どうした!既にカタログの写真に影響されているぞ。困った。手軽に楽しめるものを探していてビックリしたのがG7X。こういうのを一台持っていられると良いなぁと。ついでに7Dmark2も。スピード感を追い求めるタイプではないので違うかな・・・DP1orDP2にも魅かれるものがあるし、SONYのRX1Rも捨て難い魅力あったのだし、あー・・・暫くの間、苦悶の日々が続きそうだ。DSC_2946

苦悶といえば展示用の額のマットの色について、先日の峰の例会で話題になって、写真集に出ている写真のマットは統一した方が良いんじゃないかという意見だったけど、黒と白とに分かれてしまった形。白を主張する人は写真が浮き出てくると言うし、国際的な写真の展示はみな白だと言うし、黒を主張する人は締りがあって良いと、新たに白に切り替えるとなるとコストがかかるし。なら無彩色なら良いんじゃないかという折衷案が出るけど統一感がないと云々。自分はフジカラーのギャラリーパネルを黒で使っているけど、フジカラーでは白の設定がなくてグレーのみ。グレーでもいい気がするけど正式に白に決まってしまうと、フジカラー以外のメーカーのマット紙をサイズに合わせて切らなければならなくなってしまうから、作業が増えてしまうので悩むところだ。キタムラが調べておいてくれることになった。

台風が迫ってきて雨模様だったので終日在宅。日頃からしたかった机周りの片付けをしたり、レイクウォークが届けてくれた「富士三湖」のDVDを見たりしていたらあっという間に15時だった。

 

 

 

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 3現在の記事:
  • 128599総閲覧数:
  • 44今日の閲覧数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 311先週の閲覧数:
  • 1186月別閲覧数:
  • 98133総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 236先週の訪問者数:
  • 936月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: