GPSの電池をセットしたのは覚えていた。途中の西ゴンボリ沢あたりで「電源入れてありますか?」と聞かれたのに入れた筈だとばかり思っていたので気にすることもなく漕ぎ進めたのに、途中でふと気が付いて、電源を入れたまでは記憶があるけどスイッチを押したかどうかが曖昧になったので、随分奥まったところに行ってからの記録になってしまいました。少し残念。でも今回はコツナギ沢と白ビ沢と合流するあたりまで漕いでいくことが目的だったので、その点がクリアできているのでまあ良しとするしかない。記録を始めた場所あたりから紅葉が徐々に進んでいる様子が見られたのが幸いだったけど、昨日も触れたように3割弱だろうか。ところどころに良いポイントを見つけてシャッターを押したかったのにカメラが動作しなかったのは猛烈に痛い。これは昨日のブログでも触れたところ。奥利根湖261003IMG_3385

IMG_3428がっかりしてカメラを修理に出そうと決めて帰宅したけど、台風が接近することが分かっていたので優先度の高い庭の片づけを行った。先日、剪定した枝が庭に堆く詰まれたままなのだ。少しは片付けて燃えるゴミに出したけど、一回の量に制限があるので庭を埋め尽くすほどの枝は少しずつ出すしかない。

入院していた母が退院して自宅に戻り、在宅ケアが再々々?もう何回目だか分からないほどになったけど、始まったので顔を見に出かけて話しかけてみたけれど、今までとは少し違った反応で微妙な感じかな。帰宅したのは午後の2時過ぎ、薄暗くなるまで黙々と頑張ったのでした。すっきりした庭に。

でー。風呂に入ってからカメラを出してきて一枚試し撮りをしてみたら昨日と同じようなマークが出たので、携帯のカメラで撮影したものをこのブログに載せようかと思って撮影しようとしたら、表示が消えてしまった。もう一度撮影モードに切り替えて普通に撮影したら、写せる!・・・なんで?・・えー????分からない?・なんなん?昨日撮りたかったところが全部撮れずにいたことを思うと、カメラを放り出したい気分。カメラが壊れたらどうしよう?とかなり深刻に考えていた昨夜。マーク3を買うほどの気力も財力もないので、サブ機でマーク2を買っておいた方が良いような気持ちに正直なっていた。修理は修理として考えて二台持ちにしようかと。それがあっという間の解決。

このところずっと水辺で撮り採けているのが原因だろうことは承知している。北海道大雪山で一度カメラの基盤を水分で、霧雨が降っていたので手ぬぐいで拭いていれば大丈夫だろうと高を括っていた。壊してしまったことがあるので、今回もまた暫く撮影できないと覚悟していたのに思わぬ幸運。でも・・・サブ機は必要かもしれない。今回はつくづくそう思ったのでした。

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 3現在の記事:
  • 128592総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 304先週の閲覧数:
  • 1179月別閲覧数:
  • 98126総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 28昨日の訪問者数:
  • 229先週の訪問者数:
  • 929月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: