レイクウォークのイベント「富士三湖」に参加しました。

26日(金)の本栖湖で自艇を組み立ててスタートしたツアーは28日(日)の本栖湖で自艇を解体するまでの間、ずっと天気に恵まれて富士山がくっきりと姿を見せている幸運付きでした。こんなに晴れている富士山を見たことないよと、参加者の感動ぶりがとても印象的なので、天気はお任せくださいとつい軽口を叩いてしまいたくなる気分。それにしても本栖湖の水の青さと透明度は一見の価値ありかと思います。その日のうちに精進湖に移動すると水際には釣り人たちの姿が溢れている。邪魔をしないように静々と浮かべていく。事前学習もなしで艇を浮かべたものだから、溶岩がいたるところにある富士三湖は実に興味津々なのでワクワクする。透明度の勝る本栖湖で測定したら18Mまでしっかり見ることができたけど、精進湖は釣り人の多さにもあるとおりで栄養分に富んだ水を感じさせる岩が水中に見える。初日のキャンプは山中湖に決めて1時間程度移動して、テント設営もそこそこにプカリプカリと浮かべていると、雲の隙間から指した光がドラマチックなので明朝の天気に期待をこめる。果たして山中湖の朝は赤富士から始まり、東の空の雲が見事すぎて絶句する始末。この日まではHIDEさんとmayuさんと自分だけなのでビールで乾杯してケーキでミニ誕生会をしてもらう。夜中のうちにぶっさんがキャンプ場に到着していた。IMG_3008

二日目は早朝に西湖に移動して、後発の、なっちゃん、ASUNA、ふなっしーが合流してスタッフミーティング。mayuさんが一日の流れを説明する。自分には情報量が多すぎるので分からないところが多かったけど、スタッフのまとまりの良さを感じさせるひとコマでした。お客様が次々に集合して、記念撮影を済ませて、西湖を漕ぎ始めたけど、白波が立つようなかなり強い向かい風の吹く中だったにも関わらず全員が対岸まで無事に到着できたのは、直火BBQを腹一杯に食べる動機が勝っていたからかもしれない。焼肉、焼そばの名人がいて巧みの技をしっかりと披露していただけたので美味しく食べられ幸せでした。西湖をスタートする前に予め対岸まで車を移動させておいたので、満腹になった後に自分の車に乗って精進湖に進み、土曜日でキャンパーの数が多いと予想されたので早めのテント設営して、3時から精進湖に漕ぎ出したのでした。目の前に富士山がずっと姿を見せている贅沢。夕方5時過ぎから全員での夕食会となったのでした。自分はカレー係でしたが、最初のうちはスープカレー!?とも言い難いほどの怪しい状態でしたが、こういう時にプロの調理人が腕を振るってくれて、塩、醤油、胡椒などの調味料を巧みに使っていくと、実に美味いカレースープに変身したのでした。もの凄く感激。女性たちでも2~3杯おかわりする方が続々と。その他には鶏肉のコーラ煮をダッチオーブンで煮込んだもの。男サラダなるワイルド感たっぷりのサラダはアボガド入り。焼リンゴ。参加者が食べている間にスタッフ達は黙々と片付け作業を進めているのがまた凄いすごい。21時少し前にHIDEさんの星空観察会が開催されたので、ちびっ子は勿論大人たちも夏の大三角形を楽しんだりしました。焚き火を見つめながらの語る会に場所を変えて、朝早く出発された方も多かったのであとは自然の流れでフェードアウト。IMG_3014

三日目の朝は衝撃的で、釣りの精進湖は承知していたけど、夜中の3時過ぎに釣り客用のボートのセッティングを大声でしているから目が醒めてしまう。キャンプ場の中は車も自在に動くし、止せばいいのにクラクションを鳴らしたりする。4時半過ぎには拡声器で「集合してください。みなさんおはようございます!」と始まってしまった。事前学習不足だ~。「それでは頑張りましょう!」の掛け声で一斉にボートに散っていった方たちが5時のチャイムがスタートの合図で一斉に湖に繰り出していくので、少し前に乗り出して浮かんでいた自分の艇はあっけにとられて揺れっぱなしに。6時にテントを撤収して本栖湖に移動。本栖湖で本日合流する家族を迎えて合計35名が勢揃いした。本栖湖の波打ち際にレイクウォークのカヌーが20艇並べられている光景は爽快というしかない。二つのチームに分かれて遠乗りHIDE隊は対岸まで、ファミリーmayu隊は湖の中央部まで、それぞれのペースで進んで合流。「では、ここで一分間、目を閉じてジーっと浮かんでみたいと思います」とHIDEさんの掛け声で一斉にサイレンとモードに入る。自分は背もたれに頭を乗せて思い切り脚を前に投げ出して、船体にすっぽりと身体を埋めるようにして揺られていたら気持ちのいいこと。そんな時にHIDEさんの声で目を開けると、目の前にハッピーバースデイと書かれた垂れ幕をASUNAとなっちゃんが持っていて、私を取り囲んでいるみんなの大合唱が始まった。湖上で誕生日を迎えるのでさえ感慨深いものがあるのに、サプライズ、嬉しくなってしまいました。スタッフの心憎い演出と配慮にただただ感謝するばかりでした。ありがとうございます。その後、上陸出来るところを見つけてしばしの休憩タイムに入ると、今度は富士山の形をしたシフォンケーキと飲みものが提供されて、これが疲れた身体に浸み込んでいく。IMG_3373

全員が無事に、HIDEさんだけが名誉の負傷で左手に白い包帯姿、ゴール地点に辿り着いて解散式。自分は自艇を解体した後に、レイクウォークの4艇の解体作業を手伝うことにした。その後、精進湖のキャンプ場に干してあるテントを回収するために向かったスタッフとは別れて、吉田のうどんを食べに行って帰還したのでした。

レイクウォークのHPにアップされていますので見てください。http://www.lakewalk.jp/blog/2014/09/92628mayu.php 次は中禅寺湖でイベントがありますので、参加したいと思います。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 126977総閲覧数:
  • 39今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 303先週の閲覧数:
  • 814月別閲覧数:
  • 96874総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 224先週の訪問者数:
  • 601月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: