omote1山本あまよかしむさんとは4年ぶりの再会。

「あれからずっと縄ないをしているよ。今回はシナノキで作った縄を見てもらおうと持ってきたんだよ。作品つくりのヒントを教えて欲しいんだけど。」この3点を話したくて東京まで出かけた。昼食を終えてギャラリーまでの道を能楽堂に向けて歩いていたら、駅から出てきたあまさんにばったりお会いした。その後どうしているの?と話が始まった途端にあまさんの意見が鋭く心に響いてくる。鬱々としていた部分に光が指し、自分が思っていたことに間違いがなかった!と合点がいき、実にスッキリした気持ちになってギャラリーに到着。作品を実際に手にしてみたり被ったり(下の写真)、その製作過程を話したりする中で、本質的とも言える部分に関する言及がズバズバあって、吸い込まれるように話が続いて、あっという間の2時間が経過する。濃~い時間を共有できたことを嬉しく思った次第。新潟県関川村には一度行った方が良いと熱く薦められた。そうしようと思う。雑司が谷の鬼子母神で開催されている市にも顔を出すこと。福島県喜多方群山都町のグリーン・ツーリズムにも是非。ご自宅にも行こう!・・・と話が弾む。ワクワクする。今の仕事を一区切りしないことにはどうしようもなくなってきたことを実感する。

IMG_20140919

4年前に衝撃的な出会いをした二人のうちの一人があまさん。もう一人がスタンアンダソン氏。この二人に出会ったから、自分はワクワク感するような体験を今でも続けていられるのだと思って感謝している。寧ろ、それ以降、二人と肩を並べるような凄い作家さんに出会わないことが問題だと思う。とても残念なことだと思う。あまさんの凄さはホームページを参照されれば自ずと知れることなので、ここで記すことは割愛することに。「山本あまよかしむ」でgoogleればすぐに。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 9現在の記事:
  • 128681総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 37昨日の閲覧数:
  • 258先週の閲覧数:
  • 3月別閲覧数:
  • 98205総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 212先週の訪問者数:
  • 3月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: