DSC_2702能登島に行くことを決めて宿を出たのは良いんだけれど、昔ならいざしらず、この歳で水族館やキャンプ場を見ても仕方ないでしょう。でもとりあえず一回りして帰ろうじゃないか!と車を走らせることにした。能登島のキャンプ場には猛烈に行きたかった時代が確かにあったけど、行けなかったのは高速道路もなかった時代、余りにも遠すぎて諦めた記憶。その場所が目の前にあったけど今回はパスと言うことで。その時に奥能登の水の青さを知っていたらどうしただろう・・・

イルカウォッチングの案内板が道路脇に控え目に(手書き看板で)あったのを見つけたのは向田集落に入ってのこと。連絡してみて乗れたら乗ろうじゃないか!とあっという間に決めて、軽トラにのった船長がやってきたのも5分後。テンポ良くことが進んだのに、イルカが今日どこにいるのかの情報が全くないという。まだ一艘も出ていないから情報不足の状態。分かりました。一緒に探しに行きましょう!とダメ元で舟を出すことにしたけど、5分後には9頭の群れに遭遇する幸運に恵まれた。

イルカウォッチングはなんとなく想像できると言うか、鯨じゃないんだし迫力ないし、なんて考えていたのを全否定するようなワクワク感。舟を止めているところに挨拶よろしく接近してきてくれたりするからすっかり気持ちよくなっての撮影三昧。我らの舟の向こうにシーカヤックに乗った小父さんがいて、そこにも接近するイルカ。フィンをつけてシュノーケルで潜ったりする小父さんの回りをイルカが入れ代わり立ち代り、まるで遊んでいるように見える。小父さんはイルカの背びれに掴まって海面を移動しているように見えたりして、良い遊びを知っているなぁと思わず。自分もしてみたいと思ったのは正直なところ。いつか自分もやってみたいなぁと。

IMG_2175

 

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 7現在の記事:
  • 128608総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 268先週の閲覧数:
  • 1195月別閲覧数:
  • 98142総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 39昨日の訪問者数:
  • 213先週の訪問者数:
  • 945月別訪問者数:
  • 30一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: