金曜の夕方、雷雨に見舞われた。時間当たり40mmを超える降水量があったそうだが、それよりも激しかったのは雷の方だった。比較的慣れている筈の町民も自分も、これほどの矢継ぎ早な落雷があると、余りに凄すぎて笑ってしまった。そう、光った途端に落雷の猛烈な音が次々生じたのは珍しく、立山で一度、帯電帯の中を歩いている時に感じたことはあったけれど実際に目の当たりにしたのは初めてで、広島ではこういう条件で雨が降ったのだろうと想像したら、被災された方々の大変さを少し理解できたような気がしたけど、もしかしたら失礼かもしれない。雷が怖いと思うことは余りなかったのに今回は怖いと思ったのは歳のせいだけではない気がするけど。18:21pmにパチンと爆ぜるような音をさせて太陽光発電のモニターが急に点灯してそのままロックしてしまった。ふだんは点かないディスプレイが点灯しっぱなしになっているし、どのスイッチを押しても動作しないことから、落雷による破損かもしれないと思ったら、町内の信号機も点灯しておらず、どうやら近所に落雷したのに間違いないらしい。次男坊にその旨連絡を入れたところ、その地域で停電が起きていないかとのこと。分かるんだ?幸い我が家は点灯している。確認しておくべき箇所を指示してもらって確認してみたけれど変化せず、どうやらメーカーに来てもらわないことには埒が明かないらしい。でも保障期間中なので無料なのはありがたい。IMG_20140827_220546

運動会の実行委員会が19:00amに予定されていたので小康状態になった頃合を見計らって公民館に出かけてみたら、集まった班長たちの口々に「猛烈な雷は久しぶりだった!」との言葉あり。でも、会議中は静かだったのに帰り道は猛烈な雨の中をずぶ濡れになりながら帰還する始末。その後も激しさが止まる様子がなかった。すごい天気が続くなぁとつくづく思う。亜熱帯化していると言われた久しいけど、雨の降り方も亜熱帯化したことを示しているのだろうな。でも、天気図的には梅雨前線を思わせるような気圧配置なので、どういう風に考えたものなのか。梅雨前線かと思いきや、秋の高気圧の張り出しももうそろそろ始まる訳だから、季節感がなくなったというか、生活感がないというか。

雷と空っ風、義理人情 は上毛カルタに出てくるので群馬県人で知らない人はいない。上毛カルタを購入して蓋をあけると最初に目に飛び込んでくるのが雷神さまの絵札だけど、今日は雷神さまが一人ではなかったような気がした。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 9現在の記事:
  • 128853総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 298先週の閲覧数:
  • 175月別閲覧数:
  • 98337総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 31昨日の訪問者数:
  • 234先週の訪問者数:
  • 135月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: