知りたいことがあるとすぐにGoogleって調べられるので便利になったなぁと思うけど、もう少し知りたいとなるとそこまで導いてくれる訳ではないから、調べ方にもずいぶん工夫が要る気がしている。メールで問い合わせる時に、どういう風に尋ねたら良いのかまとまらない時のような感覚だろうか。漠然と尋ねたりするだけだと膨大な量のホームページ(例えば国土交通省の・・・)にぶち当たって、さてどこから見たものか見当がつかなくなるような。そこで試しに「カヤックを漕げる湖」とぐぐってみると数多の乗せてガイドしてくれる会社のホームページに辿り着いてしまう。自艇を浮かべたいので「カヤックを持ち込める湖」とぐぐっても明快な回答が出ていない。何処でも浮かべられるんじゃないの?漁業権、水利権、等々、様々な権利があって難しいみたい。川を漕いでみるのではどうなんだろう?うちの近くを流れている川のことなら、河川法だろうかと思われたので河川法を広げてみたけど、カヌーの記載はなかったような。自分で調べたいことにまで辿り着くのは容易ではない。湖ならどこからでも漕ぎ出して良いんじゃないか?と思っていた。好き勝手に乗り出せないことも分かったような。まだ不十分だ、知りたいことに辿り着いていない。

手作業の分野でも同じことが起きている。作家のブログの写真に掲載されている作品を真似たいと思っても、どういう風に作ったのかがすぐに分からない。竹の皮で編みたいと思っても、具体的に手元を見ていないので進まない。作家さんが隣にいるから出来ているような実力か・・・自分で興味を持っている材料をなんとかものにしたい気持ちがあるので、メールで尋ねればきっと答えて下さるような気がするけど、作家が説明したことを自分が分かるかどうか微妙で、綯うとか編むとかの基本的なことすら曖昧なので、そこを突かれるととほほな気分になるのもあって躊躇ってしまう。

身をもって体験しないと分からないのがレスキュー訓練。いくら本で読んでいても頭の中に叩き込んだとしても、体験してみないと分からないという種類で・・・460Tを転がして・・・前述のとおりです。140806shimaレスキューi-(37)

知りたいことはコツコツと自分で積み上げていくものなんだと理解はしているけど、画面を見てしまうとつい、クリックして次の画面に移ってしまって、これを何度か繰り返しているうちに、最初何を調べていたのすら忘れてしまったりもしたり。苦労して調べる癖をつけないといけないなぁと思う。

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 11現在の記事:
  • 136150総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 29昨日の閲覧数:
  • 282先週の閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 103916総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 24昨日の訪問者数:
  • 226先週の訪問者数:
  • 300月別訪問者数:
  • 32一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: