また今年もヤナギランの季節がやってきた。野反湖第二キャンプ場の先、野反湖が見下ろせる位置にあってあたり一面をピンク色に染めるお花畑は一度見たら忘れられなくなる。お花畑には他にマルバタケブキやハンゴンソウなどの大きな株もたっぷり見ることが出来るが、黄色よりもピンク色が一面に広がっていると柔らかな気分になれる気がする。今回はビジターセンターをスタートしてエビ平までの往復を歩くことにした。このコースは途中で人に会うことが少なく、平淡で、鳥の鳴き声や湖の水辺の音も聞こえる散策路なので、森林セラピーロードとしても価値があるように思う。IMG_0650野反湖260803

 

今年はノリウツギの白い花もあちらこちらで咲いていて清楚な感じで実に美しい。エビ平に到着すると後方からご婦人がひとりでやってきた。朝8:00amに富士見峠を八間山に向かい、登頂後ビジターセンター経由でエビ平に11:30am着。随分達者ですね。「主人は剣岳Cフェイスに今取り付いているんです。」と嬉しそうに話されていた。「定年退職を機にまた歩き出したんですよ。登山靴は子供たちからのプレゼントだったのです。」すると、老夫婦が富士見峠方面からやってきた。「50年前はこの場所は湿地帯でモウセンゴケが繁茂していた。」と仰るこの方、どこかでお見かけしたことのある・・・・失念。2014年のエビ平は笹原に遷移してしまっている。そうそう実はエビ平のヤナギランの咲き具合を見に来たのが本当の目的だった。見渡す限りの笹原にヤナギランは疎らにあるだけ。それも周りの草に今にも飲み込まれそうな気配。IMG_0545
ヨツバヒヨドリの花があちこちに咲いているから、目を凝らして探してみるけどアサギマダラは何処にもいない。一頭だけ、それもビジターセンターから歩いてすぐのところで見ただけだった。雨の気配が感じられたから木陰で休んでいるのかもしれない。IMG_0518

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 7現在の記事:
  • 127083総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 292先週の閲覧数:
  • 920月別閲覧数:
  • 96955総訪問者数:
  • 19今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 219先週の訪問者数:
  • 682月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: