かみさんと休みが重なったので、朝のゴミ出しとか洗濯物を干したりしたあとに関越自動車道を南下した。目的地は決めないまま、圏央道が東名に繋がったから行ってみようかという軽いのりはいつもの通り。車の後部座席には風呂の道具の他にB級グルメの紹介本が数冊入っている。でー何処に?えーと・・・富士宮で焼きそばなんてどう?いいかもしれない。カーナビに目的地をセットして、ボソボソと話しながら車が疾走していく。かみさんとは日常場面ではすれ違うことが多いから、ドライブしながらお互いの近況や情報交換をするのは意味がある。今日の最初の話は何で雷が発生するのか、そのメカニズムについての説明。その後は自分の車にルーフキャリアをつけた意味。車の走行キロ数と買い換えする場合の車種について。新盆のお清めの人数、とかとか。DSC_2434

富士宮に向かっている途中で沼IMG_20140801_134710津漁港に目的地を変更する。生しらす丼が無性に食べたくなったのだ。富士宮からは距離がさほど離れていないのもあったので。沼津出身の二男の嫁が美味しいと紹介してくれたのに一度も食べていなかった。だから何処の店が美味いのかを電話して確認した。昼過ぎに「せきの」の暖簾をくぐった。生しらすの採れる時期はとっくに過ぎてしまったと諦めていたけど、せきのの旦那は「大丈夫。今朝も採れたよ。」3ヶ月だけ取れない時期があるけど一年中採れると言う。良いことを聞いた。おしゃれな盛り付けの生しらす丼なんて、腹の何処に入ったのか分からなかった。もっと食べたかったなぁ。

鯵の干物DSC_2445DSC_2443を少々買い込んですぐに富士宮に向かった。浅間神社前のお宮横丁に滑り込んで、ソース味と塩味の両方を楽しんだ。どちらもすごく美味しかった。水は富士山の湧水でこれも旨かった。焼きそばをもう少し食べたいぞーと思ったけど我慢することにした。お腹も一杯になったことだし、せっかく浅間神社近くにいるのだからお参りしていこうということになって境内に入るや否や、実に立派なお社なので感激してしまった。お社の裏手にある湧玉池(国指定特別天然記念物)にも足を伸ばすと、これがまた実に見事な湧水で、その昔、富士登山をする前の身体をこの水で清め、禊をした池だというから、今の登山とだいぶ趣がことなるなぁと実感したり。水は富士山の伏流水で緑色をしているのは梅花藻(ミシマバイカモ)だと思うけど、どうだろう?清流の中を気持ち良さそうに泳ぐ虹鱒の実に美味そうだったこと。DSC_2453DSC_2463

カーナビの指示に従って、富士吉田までは朝霧高原を通過するコースを辿っていく。途中のミルクランドで ソフトクリームを食べる。結局、富士山を周回することになってしまったけど、それはそれで良いことじゃないかな。すごく満足。「富士山一周B級グルメツアーかもしれないね」と言うと、かみさんは「生しらす丼はB級じゃないですよ」と言う。そうだ。1400円だよ・・・一日中ずっと姿を見せなかった富士山が道の駅鳴沢辺りから漸く姿を現した。日頃の行いが・・・良かったなら朝からずっと見えていても良さそうだよね~。そうそう。DSC_2466

19:00pm過ぎに帰還。面白かった。美味しかった。

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 5現在の記事:
  • 127256総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 56昨日の閲覧数:
  • 279先週の閲覧数:
  • 1093月別閲覧数:
  • 97082総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 208先週の訪問者数:
  • 809月別訪問者数:
  • 29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: