三男坊が魚屋に勤務しているので贅沢な時を過ごせる幸せ。丸々と太った上物を年に一度だけ味わうことができる。この美味さが年齢を重ねるに従って分かってきたような気がする。でも、いつの間にか鰻が絶滅危惧種になっていた。偶然かもしれないけど、自分が良いなぁと思ったものが絶滅危惧種に入ることが多いような気がする。滅びゆくものへの先取り感があるのかもしれない。例えば、真空管アンプとか、4×5版カメラと銀塩フィルム、旧六合村のこんこん草履がそうだし、しなの木から縄を綯うのも同じ流れになるのだろうか。DSC_2428

熱しやすく冷めやすいって父母に良く言われた記憶がある。だから良いものをじっくり見極めたい思いがあって、取り組んでみるとそれなりに面白さが付いてくる。勿論夢中になる。でも、絶滅危惧種に分類されるこれらは熱するそばから無くなっていく。漸く辿り着いたところなのに限りなく喪失感が伴う複雑な結果になるのだ。今、夢中になっているカヤックも同じ定めなのかと大いに気になる。

日曜日の温泉からの帰り道で「塩沢つむぎ記念館」に立ち寄って、機織を体験する機会があった。昔からずっと憧れていた織機に座れて、拙いながらも織ることが出来たのでもう嬉しくて、作品(?)も出来たので大満足だった。ここに再び通って来て機織りする気満々なのは、おかしいかもしれない~と思う。困ったものだ。DSC_2426

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 9現在の記事:
  • 130948総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 57昨日の閲覧数:
  • 391先週の閲覧数:
  • 864月別閲覧数:
  • 99903総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 312先週の訪問者数:
  • 624月別訪問者数:
  • 42一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: