一年が瞬く間に過ぎた、そんな気がしている。今日で一区切り、明日からまた新たな気持ちでスタートしようと思う。振り返ってみれば色んな意味でアクティブな一年だった。「定年まで残り一年」という追い風を受けて、やりたかったことに専念できたと言っても過言でなかった。テレマークやカヤックやエコツリや六合山岳会等などで良い人達に巡り会えてとても嬉しかった。経験したことのなかった病気に罹ったり痛めたりして医者通いもあったけど、健康には殆ど問題になることなく、丈夫な身体を用意してくれた両親に改めて感謝したい。ブログ関連ではまだよちよち歩きの域を出ないけど、遅めの成長を気長に見守ってくれる師匠には常々感謝してます。

今日は「永遠の0」をユナイテッドシネマで見てきた。小説で読んだからもう良いかなと思ったけど、誘われたので行ってみたら、なかなか良い映画だった。夏に九州を旅した時に、これで夫婦二人が、自分のプランで、車で全県を通過するという「夢」が叶う筈・・・和歌山に足を踏み入れていないことがあとで分かったのだけど・・・だった企画で、せっかく九州に行くのなら知覧を見ないことには自分の中の広島と長崎とを周った意味がないと決めていて。数年前にも沖縄であちこち見てきたのもあって、旅行に際して読んでおくべき本はないかと思った時に飛び込んできたのが「永遠の0」だった。そのあとで見た映画が宮崎駿の「風たちぬ」。これもゼロ戦の話で、原作とは違った趣だったけどそれはそれで「永遠・・・」を読んだ後だったから理解も進んだし、作者の伝えたい意図は十分の理解できたのだけど。一年を通してゼロ戦を追いかけた年だったような気がしたけど、そろそろ一区切りできるでしょうねとかみさんと笑う。・・・当時自分が当事者だったら迷うことなく特攻隊に志願したんだろうな・・・そういう風に思わせてしまうお偉い方々は今もいるんだろうなぁ~なんて考えたりしないようにしますね。ふふ。

DSC_1603~2

いつもと同じ服を着ているのにケヤキウォークの中は暑過ぎて困ってしまった。店内は年越しを前に華やいだ雰囲気が漂っている。欲しい物は何でも手に入るような錯覚を覚えてしまう。無印良品でいつものクリアファイルと紀伊国屋書店でソウルスライド2014を購入した。なんとも久しぶりの新書の臭い。本を見ていると次々に欲しい物が増えてくるので困ってしまった。これとこれと・・・と記憶するのだけれど、次の刺激物を見た途端にすっかり忘れてしまうから、また振り出しに戻ってもう一度読み直しに向かう。そんなことを繰り返して歳末の時間をのんびり過ごせたので良かった。帰ってくる道は角上魚類前橋店に買い物に向かう車で左側一列が渋滞していた。

明日は新年の挨拶に実家と病院に顔を出すことにしたい。翌日以降の予定は未定だけど、緊急用の電話がまだ鳴らないからありがたい。今回の9連休の間はずっと鞄を携行することにした。何かあった時の対応のために事前に用意した資料を鞄に入れているからだ。今回の長い連休が終われば自分の仕事も一区切りとなるので、最後まではきちんと仕上げたい思いからだ。

でも、今日はもう既に飲んでしまいました。ははは。

Categories:

Tags:

Comments are closed

Count per Day
  • 4現在の記事:
  • 127415総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 263先週の閲覧数:
  • 2月別閲覧数:
  • 97199総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数:
  • 197先週の訪問者数:
  • 2月別訪問者数:
  • 28一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年8月1日カウント開始日: